青髭が原因で就職が不利になることはありますか?

結論から言うと、青髭が原因で就職が不利になることはあります。

特に営業職の方は不利になることが多いため覚悟してください。筆記試験で青髭が不利になることはありませんが、面接では不利になることが多いです。面接官も人間ですから、中には「今後人前に出しても大丈夫だろうか」と心配になる方もいるでしょう。

内勤ならまだしも、特に営業職のように会社の顔となる仕事ではお客様にとって「あなたの第一印象=会社の印象」となります。青髭を不採用の理由にはしないまでも、面接時に有利に働くことはありません。

青髭が就職で不利になる理由

会社では職種問わずお客様と接する仕事が多いです。当たり前ですが、人を目の前にしたとき、一番最初に飛び込んでくる情報はあなたの見た目の印象です。見た目だけで本当の中身を見ることはできません。

その見た目がビジネスマナーに沿って清潔であるかどうかを面接官は見ています。特に営業関係、中でもBtoC(法人ではなく個人が営業相手)のお仕事の場合、髭が濃いことや、肌が汚いことなど、見た目の印象を重視している面接官は多いです。

面接官にいるなら当然お客さんにもいます。就職に有利・不利という話よりも、今後そこで仕事をしていく上での弊害になることの方が私は心配です。それを理由に不採用とする面接官もいます。

就職活動時の青髭対処法

就職活動において青髭体質の方が面接で有利になることはほぼありません。しかし対処は簡単です。髭が濃くても、そのデメリットやコンプレックスを把握し対処できれば、それは有利に働きます。また面接のためというより、今後の仕事のためにその対処法を押さえておくべきでしょう。

モバイルシェーバーを常に携帯する

モバイルシェーバーを携帯し、常に髭を剃れる環境を準備することが大切。確かに髭を剃る機会が多くなればなるほど皮膚に負担がかかりますが、自分のことよりもまず相手(面接官やお客さま)のことを考える気遣いがサラリーマンには必要です。モバイルシェーバーは2000~3000円程度と、決して高い買い物ではありませんし、面接前にトイレでさっと剃り上げれば完璧です。

コンシーラーやBBクリームで隠す

コンシーラーやBBクリームはニキビ・くま・青髭などを「隠す」、顔色などを「調整する」働きがあるクリームです。「お化粧」という印象が強いため、躊躇しがちですが、この隠す・調整するという役割だけ覚えておけばいいので、そこまで難しい話ではありません。

しかし面接が午後・夕方過ぎにあったりすると、クリームが剥がれ落ちてしまったり、粉浮きに注意しなければいけません。また髭そのものが伸びてしまうといくらクリームを塗っても意味がないのでモバイルシェーバーの携帯は忘れないようにしてください。

脱毛する

大きな選択になりますが、髭を脱毛してしまえば就職で不利になることも無くなり、かつ今後40数年以上続くサラリーマン生活においてそのコンプレックスを一切感じることがなくなります。

また、その40数年という間の中で異性との出会いもあるでしょう。髭をコンプレックスと感じているのであれば、その結末としての対策は「髭脱毛」ということしか残っていません。自然に薄くなる・消えるものでもありませんから、今のうちに始めるというのも手ではあります。しかし脱毛した瞬間に髭がなくなるか、というとそうではないので(通院に1~4年かかります)、その注意点は押さえておきましょう。

髭脱毛前に必見!脱毛エステと脱毛クリニックに関する誤解

日焼けサロンはあり?なし?

肌を黒くすることで青髭を隠すこともできます。青髭が黒い肌と同化して目立たなくなります。しかし就職活動時や実際に働き始めたとき、季節に関係なく違和感があるほど肌を黒いと、青髭云々というよりは社会人としてマナー違反になります。

スポーツをやっていて肌が黒い、真夏の太陽の下毎日営業で走り回っている、という「自然な黒さ」を日焼けサロンのマシンで演出することは困難です。百歩譲って夏場なら許せますが、冬は完全にNGです。

上手に日焼けして青髭を目立たなくする方法

就職は身だしなみが整ってから始まる

就職活動の時期が近づくと周りの方たちが一斉に、髪は黒くし髭も剃り髪を短く切ります。就職活動では身だしなみを整えることから始まります。街中を歩いていると「就活生だな」と気づくこともよくありますよね。服装や髪型は誰でも整えられてしまいます。

しかし身だしなみを整える上で、一番厄介なのが髭です。人によって生え方に個性があり、いくら剃っても髭が残ってしまう方もいます。それでも、どうにかしないと不利になるのが就職活動です。面接官はあなたの隅々まで見てきます。自分では「清潔」だと思っていても、見る相手によってその感覚が全く異なります。

「誰が見ても清潔」な身だしなみにするためには、青髭を予防したり隠すことは必要です。