ドライシェービングとウェットシェービングはどっちが肌に優しいの?

髭の剃り方には、大きく分けてドラシェービングとウェットシェービングの2つがあります。中でも肌に優しく剃るならウェットシェービングです。

ドライシェービングは何も塗らずに髭が乾いた状態で剃る方法です。ドライシェービングは手間もかかりませんが、乾いた状態の髭は硬く剃りづらく、無理に剃ると肌だけでなく刃先も傷つけてしまいます。

一方、ウェットシェービングは髭を濡らし毛を軟らかくしてから剃る方法です。毛は水分を含ませることで軟らかくなり、剃りやすくなります。さらにシェービング剤を付けることで摩擦も軽減されます。特に毛は根元につれて太くなるため、肌に優しく深剃りするためにウェットシェービングは欠かせません。

ドライシェービングでも肌に優しく剃ることもできるので、ドライ・ウェットの両方で肌に優しく剃る方法を紹介します。

ウェットシェービングができるのはカミソリだけ?

wetdry

ウェットシェービングができるのはカミソリだけではなく、電気シェーバーでも「ウェットシェービング対応」となっていれば可能です。ウェットシェービングは電気シェーバーとの相性も良く、寝ている毛やクセ毛も水分を含ませることで、外刃(網刃)により捕えやすくなります。

電気シェーバーとウェットシェービングの組み合わせは、髭剃りの中でもより肌にやさしい剃り方です。

ウェットシェービングの効果

毛は水分を含ませることで軟らかくなり、根元の太い毛まで剃りやすくなります。さらにシェービング剤を使うことで、滑りも良くし肌のダメージを抑えます。ウェットシェービングはドライシェービングで深剃りしづらい部分でも、剃りやすくなります。

敏感肌がウェットシェービングするときの注意点

肌に優しいウェットシェービングでも敏感肌の方は注意しないといけない点があります。敏感肌の方はカミソリ負けで炎症を起こすだけでなく、シェービング剤でも肌荒れする可能性があります。

シェービング剤を選ぶときは以下の点に注意しましょう。

  • 保湿成分が配合されていること
    シェービング剤でもヒアルロン酸を配合しているものがおすすめです。肌を保湿させることで一時的に肌に弾力が出るため、刃の滑りが良くなります。
  • 髭の濃さによってシェービング剤のタイプを分ける
    シェービング剤には様々な種類があります。ジェル・フォーム・ジェルフォームとタイプに分けられ、ジェルは中でも滑りが良いためおすすめです。

【タイプ・肌質別】シェービング剤の正しい選び方

肌に優しくドライシェービングする方法

シェービング剤が肌に合わない方や、朝時間が無くドライシェービングせざるを得ない方は次の点に注意して行うようにしてみて下さい。

  • 4又は5枚刃のカミソリを使う
    刃の枚数が増えることで、肌にかかる負担が軽減され、カミソリ負けしづらくなります。さらに刃が振動するタイプのカミソリであれば更にカミソリ負けを防ぐことができます。
  • 電気シェーバーを使う
    ドライシェービングするなら、カミソリより電気シェーバーがおすすめです。電気シェーバーは刃が肌に直接当たらない構造のため、カミソリ負けの心配がありません。

ドライシェービングのメリットとは?

  • 余計な費用・手間がかからない
    ウェットシェービングするためにはシェービング剤や洗顔料を用意して、シェービングそのものに時間をかける必要があります。しかしドライシェービングであればリスクを伴うものの、余計な費用や時間がかかりません。
  • 化学薬品による肌への影響を受けない
    シェービング剤や洗顔料で髭を剃りやすくする代償として、化学薬品による肌への影響は少なからず受けます。特にアトピーや肌の弱い方は、化粧品類の使用に頭を悩ませていることと思います。そうした方は電気シェーバーによるドライシェービングがおすすめです。

ウェットシェービングもドライシェービングも肌を傷付けないことが大切

ウェットシェービングは髭に水分を含ませてから剃る方法です。これにより髭が軟らかくなり、剃りやすくなります。さらにシェービング剤を使うことで滑りやすくなり、肌の摩擦も軽減されます。しかし中にはシェービング剤が合わず、ウェットシェービングができない方もいます。そういった方は電気シェーバーにこだわってみたり、髭脱毛で髭そのものを除去することで対処していきましょう。