【タイプ・肌質別】シェービング剤の正しい選び方

シェービング剤はジェルタイプ・フォームタイプ・ジェルフォームタイプと大きく3種類があります。

剃り残しが気になるならジェルタイプ、肌を守りたいならフォームタイプ、それらの特徴をかけ合わせたジェルフォームタイプです。シェービング剤は髭を柔らかくするだけでなく、肌の摩擦も軽減させます。そのため、肌に優しく剃るためには欠かせないアイテムです。

シェービング剤はなぜ使わないといけないの?

shickhydro

シェービング剤を髭につけることで髭が軟らかくなります。

毛は水分を含ませると膨張して軟らかくなり、根元の太い毛まで剃りやすくします。また刃の滑りをスムーズにして、摩擦を軽減させることで肌を守ってくれます。中には薬用処方のシェービング剤もあり、髭を剃りやすくしながらカミソリ負けを予防してくれます。

3種類あるシェービング剤の選び方

シェービング剤はジェル・フォーム・オイルと3種類あります。それぞれ特徴があり用途は一緒でも肌質によって使い分けないといけません。

カミソリ負けしやすい肌は「ジェルタイプ」

ジェルタイプはシェービング剤の中でも一番使いやすいです。透明なジェルは塗っても髭が見えるため、剃り残しを予防することができます。泡立たせることなく、そのまま肌に塗って使うこともできます。シェービング剤の中でも刃が滑りやすくなるため、摩擦を軽減しながら髭を柔らかくしてくれます。

ジェルタイプに向いている人

  • シェービング剤を初めて使う方
  • 肌を摩擦から守りたい方
  • カミソリ負けを起こしやすい方
  • 残さずきれいに剃りたい方

乾燥肌でも使いやすいジェル「シックハイドロシェービングジェル」

シックハイドロシェービングジェルはジェル自体が無色透明で、つけた箇所の髭が見えやすいです。また、ジェルの成分内にヒアルロン酸が配合されておりつけた箇所を一時的に保湿させてくれます。初めて使う方でも使いやすく、どこを剃ったかとしっかり確認できるジェルです。

濃い髭と脂性肌は「フォームタイプ」

フォームタイプはシェービング剤の中でも毛に一番馴染みやすいです。

キメ細かい泡が毛の中まで染み込み、髭を柔らかくし剃りやすくなります。滑りはジェルほどではありませんが、髭自体が柔らかくなっているため、スムーズに剃れます。ジェルのように剃っている部分が確認できないので、剃れているかどうかは泡を落とした後になります。

また泡の持つ洗浄効果も高く、皮脂や汚れに吸着して、剃る際に皮脂も落としてくれます。その分、使用後に肌が乾燥しやすくなるため乾燥肌の方には向きません。

フォームタイプが向いている人

  • 毛が濃く太い方
  • 皮脂や汚れも一緒に泡で落としたい方
  • さっぱり感がほしい方

刺激が少なく高密度の泡で髭を柔らかくする「サクセス薬用シェービングフォーム」

サクセス薬用シェービングフォームは安全カミソリ用に開発されたものですが、普通のカミソリでもその効果は発揮されます。高密度の泡が硬い髭を柔らかくします。また天然海藻エッセンスがミクロの保護膜を形成するため、摩擦も軽減されカミソリ負けを防いでくれます。

ジェルとフォームの性質を持ったジェルフォームタイプ

つける前の状態はジェルなのに、肌にすり込むとフォームに変わる「ジェルフォームタイプ」があります。ジェルフォームはシックのみで発売されているシェービング剤です。

つけていくことでジェルのように肌に伸び、毛に馴染んでいきます。肌に擦りこんでいくうちに泡に変わるため、フォームタイプのようにスムーズに剃れます。ジェルやフォームより摩擦を軽減する力はないものの、ジェルフォームは毛穴の奥まで馴染みます。そのため深剃りしやすくなります。

ジェルフォームタイプが向いている人

  • 深剃りしたい方
  • 毛が濃く太い方