髭は濃いのに頭皮がハゲるのはどうして?

「髭が濃いと頭皮がハゲる」こんな噂を聞いたことがある方も多いと思います。結論から言うと、ハゲることと髭が濃いことは直接的な関係はありません。しかし、間接的には男性ホルモンや遺伝性を調べるとその関係性が見えてきます。

髭が濃くなる要因はテストステロンという、男性としてあるべきホルモンの作用によって影響を受けます。頭皮の影響とはまた別の問題なのですが、この二つを全く切り離して考えることはできません。

髭の濃さと頭皮の関係性

higehage

髭は男性ホルモンの割合によって濃くなります。男性ホルモンの量で濃くなる毛は「性毛」と呼ばれ、脇毛・髭・陰毛などが当てはまります。

性毛に属さない髪の毛は男性ホルモンの割合が多くても関係がありません。そのため、髭も髪の毛もつるつるの方や、髭も髪の毛もボーボーの方は結構街中でも見かけると思います。

しかし、中には分泌されると髭と頭皮に影響を与える悪い男性ホルモンも存在します。体内のホルモンバランスとは関係なく髭が濃くなったり頭皮が薄くなることがあるものです。

髭と頭皮に影響を与える悪玉男性ホルモン

男性ホルモンは大きく分けて、テストステロンジヒドロテストステロンの2つに分けられます。テストステロンは男性ホルモンの約90%以上を占め、男性らしさを保つために必要なものです。

一方、ジヒドロテストステロン(DHT)は母親の胎内にいるときに微量に分泌されるものです。男性器を発達させるために必要で、男の子として生まれるために重要な役割を果たします(テストステロンにおける生殖機能の成長に貢献するものではありません)。そして、ジヒドロテストステロンはテストステロンがその姿を変えたものでもあるので、オギャーと生まれた瞬間からある程度年齢を重ねるまで、その割合(9:1)が崩れることはありません。

しかし加齢が進み、テストステロンがジヒドロテストステロンに姿を変え始めると厄介です。分泌されることで「男性らしさ」というものがどんどん失われ、頭皮や体毛がハゲてしまったり、勃起不全に陥ったりします。そのため、別名「悪玉男性ホルモン」とも言われています。

テストステロン ジヒドロテストステロン
割合 90% 10%
役割 ・筋力増強
・骨格を強くする
・体毛増加
・男らしくなる
・筋力低下
・生殖機能、精力減退
・体毛減少
加齢とともに 減少 増加

髭はなぜジヒドロテストステロンの影響を受けないのか

ジヒドロテストステロンは加齢と共に増えていきます(=テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されていきます)。しかし、髭については奥底に眠っている毛が多くかつ根強いため、体質的に髭が濃い方はテストステロンの量が減少しても、中々「体毛が薄くなった」と実感することはありません。ただ頭皮に関しては、1本1本を支えている毛穴の力が弱く(しかも一つの毛穴から複数本生えている場合もある)、ホルモンの影響をもろに受けやすい性質があるのです。

それを証拠に、頭皮についてはストレスなどの環境変化に伴って「10円ハゲ」「円形脱毛症」などといった症状が起こりますが、1本1本が濃く・太い「髭」については部分的に脱毛症状が起こることはまずありません。

ジヒドロテストステロンによる影響を全く受けていないわけではないのですが、髭と髪の毛が同じスピードで減少していくことはないのです。年齢を重ねると筋力が低下し運動機能の低下を感じると思いますので間違いなくテストステロンは減少し、髭も薄くなっていきます。おじいちゃんになれば髪の毛も髭も、薄く・細くなっていますよね。

今現在、髭が濃い・頭皮が薄いというのは、ちょうどテストステロンとジヒドロテストステロンの転換が始まっている時期かもしれません。ジヒドロテストステロンは生活環境やストレスによって非常に影響を受け易いものでもあるので「おかしいな」「俺の体大丈夫かな」と気になるのであれば自分自身を見つめ直してみてはいかがでしょうか。