【青髭対策】髭はカミソリで剃り続けると濃くなるって本当?

髭は剃ることで断面が広くなり、太く濃くなったように見えてしまいます。しかし毛自体が濃くなっているわけではなく、カミソリで剃ることで断面が強調されて濃く見えるだけです。

例えば「剃る行為」そのものが髭を濃くするものではないのか?と都市伝説のようなことを聞いた覚えのある人も多いと思います。結論を言うと、そんなことはありません。抜こうが剃ろうが毛が濃くなることも、逆に薄くなることもありません。その場の対策としては「カミソリを使う」という処理は最も有効です。

日々の肌・髭の手入れとしては躊躇せずに行って問題ありません。

濃く見えてしまうのは剃り方が問題

kamisori

髭の太さは同じでも先が尖ったものと、先が平らなものでは平らな方が断面積は広く濃く見えます。自然に生えてくる毛より剃った毛が濃く見えるのはそのためです。毛自体は太くならないため、青髭を残さずきれいに剃れば濃く見えることはありません。

またいきなり逆剃りしたり、乾燥した状態(髭が固い状態)で剃ってしまうと、髭がうまく剃りきれず断面積が広くなることもあります。

カミソリで深剃りするのは危険

カミソリで深剃りすると必ず刃が肌に触れてしまし、カミソリ負けを引き起こします。カミソリで深剃りするのであれば皮膚に水分をしっかり含ませ、シェービングローションで髭を軟らかくするなど準備が重要です。電気シェーバーでは髭を剃るための刃の前に髭を捕らえるための網刃があるため、ゴリゴリ肌に押し付けてもカミソリ負けしにくい構造になっています。

こうした準備不足、道具の扱いを誤ると髭をうまく剃れず濃く見えてしまうことになります。

深剃り以外の方法で髭を薄く見せるためには

深剃り以外で髭を濃く見えないようにする方法として除毛クリームが挙げられます。

除毛クリームは毛を溶かして処理を行うため、溶かされた断面が丸くなり剃ったときより断面積が狭くなります。溶かしているため剃毛後のようなチクチク・ザラザラ感はなく仕上がりは非常に良いです。

しかし除毛クリームは毛を溶かす強力な毒性成分を含んでいるため、敏感肌の方にとっては大敵となります。仕上がりは良くてもその後の肌荒れ・炎症を引き起こす可能性もあります。特に顔は皮膚が薄いため「髭用」の除毛クリームは中々ありません(販売者側にリスクが大きいため)。

髭を剃る行為に問題はない

冒頭も解説しましたが、「髭を剃る」という行為に科学的な作用が加わることはありません。「髭を剃ると刺激が加わってもっと濃くなる」「髭を剃ると毛が太くなって生えてくる」など、そんな奇怪なことは起こりません。それを証拠におじいちゃんになれば毛は薄く白くなり、人によっては全く生えてこなくなる方もいます。

これはつまり男性ホルモンの影響が強いからです(年を取ると睾丸が萎縮し脇毛や陰毛、髭などの「性毛」機能が低下するため)。

体内の男性ホルモンが増えない限り濃くはならず、いくら剃っても問題ありません。しかし髭の濃さに問題なくても肌荒れの原因や、剃り過ぎによる皮膚のリスクは伴います。手入れ・身だしなみとしての剃毛であれば何も問題はありませんので安心して行うようにしてください。