変態はなぜ青髭で描かれるのか?エロさと濃い髭の関係性を科学的に解説!

漫画やドラマで変態やエロイ男性って、青髭で描かれることが多くないですか?しかし、実際はエロいことや変態でいることは髭の濃さと全く関係ありません。

エロくなくても髭が濃い方は濃いですし、エロくて髭が薄い方はたくさんいます。そもそも髭の濃さは体内にある男性ホルモン量と関係しており、生まれた瞬間にその方が髭が濃くなるか?は決まってきます。

「なぜエロい人は髭が濃い」と言われるようになった原因について解説していきます。

男性ホルモンによって髭の濃さは決まる

人間の体内には、男性ホルモンと女性ホルモンが存在しています。男性の体内には男性ホルモンが約9割を占めており、体格や体毛の濃さ、声質などに深く関係してきます。

従って、女性でも体内の男性ホルモンの割合が多いと男性に近い体に変化するため、性同一性障害の女性がホルモン注射で髭を濃くしたり、男性であれば胸を膨らませることもできます。

なぜエロさと髭の濃さは関係ないの?

男性ホルモンは髭の濃さと関係しているのになぜ「エロさ」とは関係がないのでしょうか?

理由は、男性ホルモンが一時的に分泌されても体内の割合(ホルモンバランス)が変わらない限り髭は濃くならないからです。

また、体内の割合とは関係なく脳下垂体から一時的に分泌される男性ホルモンがあります。これが分泌されるため「エロさと濃い髭が関係している」と言われるようになりました。男性ホルモンは男性ホルモンでも、その種類が違うため、髭の濃さとは直接的な関係性がないのです。

「エロ」が原因で男性ホルモンが増加する要因

vr
  • 性的興奮状態になる
    人はオナニーやSEXによって性的興奮状態になると、男性ホルモンが分泌されます。もちろん、エロイことを考えるだけでも分泌されます。
  • 過剰な筋力トレーニング
    筋肉の肥大を目的とした筋力トレーニングで、体格を変化させるために男性ホルモンが分泌されます。
  • ストレス
    体に負担が掛かることで、疲労を和らげようと男性ホルモンが分泌されます。こういったときの男性ホルモンは「疲労に負けてたまるか」という意味合いで分泌されます。
  • 睡眠不足
    人は睡眠中にホルモンバランスの乱れを整えようとします。一時的に分泌された男性ホルモンを制御して、体内のバランスを戻します。

毎日男性ホルモンを分泌しても髭は濃くならない

自分の体内におけるホルモンバランスを自力で変えるのはほぼ不可能です。科学的なホルモン注射を行わない限り、ホルモンバランスを崩すことはできません。毎日オナニーしても、筋トレをしても全く変化はありません。

体内の男性ホルモン割合が変わらない限り意味がない

日常の中で男性ホルモンが分泌される機会は頻繁にあります。しかし、どれも脳下垂体から一時的に分泌されたもので、体内に残るものではありません。どれだけ多く男性ホルモンが分泌されても、髭が濃くなったり、また薄くなったりと、体の変化が起こることはありません。

体内のホルモン割合が変える手段としては「ホルモン注射」しかありません。女性ホルモンを注射によって体に送り込むことで、無理やりホルモンバランスを崩してしまう方法です。男性ホルモンが減り(女性ホルモンの割合が増え)髭が薄くなったり、胸が膨らんだり、体の変化が起こります。

それに伴い、体温上昇・発汗・頭痛・吐き気、といった副作用も当然起こります。逆に言うと、これほどのリスクを背負わない限り「ホルモンバランスを変える」ということはできないのです。

女性ホルモンを増やすための化粧品は存在しない

pineapple02

最近では女性ホルモンと同じ働きをもつイソフラボンの補給を目的とした「抑毛ローション」が流行しているようです。肌に塗布することで女性ホルモンの分泌を促し「髭を薄くする」目的の化粧品のようですが、既に解説した通り、ホルモンバランスの変化をもたらすほどの女性ホルモンを体に送り込むには、それ相応のリスクを背負う必要があります。イソフラボンがいくら女性ホルモンの分泌を促す成分だとしても、肌に塗った程度では何も体の変化は起こり得ないでしょう。

エロと青髭は無関係

「男性ホルモンが分泌されないようにオナニーを我慢する」というのは、むしろ自分を制御するためのストレスが積み重なり、かえって男性ホルモンが増えることも考えられます。

またSEXとオナニーは科学的に全く同じ行為だと言われており、「オナニーを我慢する」ということは子孫繁栄のための「SEXも我慢する」ということになりかねません。

確かにオナニーをすることである種の背徳感や罪悪感を感じることがあるかもしれません、それを我慢して鬱憤が溜まるくらいならどんどんやった方がいいです。そして、青髭を改善するために「ホルモンバランスを崩す」という発想は素人丸出しで浅はか極まりなく、本気でそれを行うのであれば女性ホルモン投与を真剣に検討すべきです。

しかしそれを決断するほどの資金や精神的覚悟があるのであれば素直に髭脱毛をまずは選択すべきだと思います。