青髭を隠すおすすめのBBクリーム・CCクリームと使用方法

青髭を隠す手段としてBBクリームCCクリームを使うのは有効な方法です。男性や、これまでメイクアップ用品を使ったことがない人からしたら、このBB、CCの違いがわからないと思いますが、実はどちらも「肌の色を調節する」という目的においてほぼ同じものなのでそこを気にする必要はありません。

どちらか気に入ったクリームを選び、青髭の気になる箇所に塗ると肌の色と同化させ隠すことができます。しかし化粧水や乳液のような基礎化粧品ではないため、「肌に良いもの」ではありません。

肌色を変えるためのその場しのぎの「ペンキ」のイメージなので、洗い落とすのも大変ですし、塗る度、落とす度に肌に負担がかかります。今後ずっとBBクリームやCCクリームで青髭を隠すには少し無理があります。おすすめを見る前にこの前提は覚えておきましょう。

青髭を隠すおすすめのBBクリーム・CCクリーム

BBクリームとCCクリームの大きな違いは「質感」です。

BBクリームの方が濃くべたつきがあります。その分、カバー力・マット感に長けています。逆に、薄くべたつきを抑えて塗るならCCクリームです。ライト・明るさを出すためにCCクリームが使用されるため自然な仕上がりを目指す方におすすめですが、青髭を隠す用途としては不向きでしょう。

しかし、BBもCCも商品によってひじょ~に差があるため、分類による区別より商品単体でクリームを選んだ方が失敗するリスクを大幅に減らすことができます。

テカリ・保湿・UVケアを備えた「ベジボーイBBクリーム」

ベジボーイはメンズBBクリームの中で最も人気・品質が高い商品です。それを証拠にメンズ用でありながら「隠れ女性ユーザー」も多いことも知られています。ニキビ跡や青髭、目のクマを自然に隠すことができます。

写真のように肌に馴染みやすく、保湿成分も含んでいるため、時間が経っても粉浮きしにくいのが特徴。いわゆる「お化粧感」が出ないため、メイクをしたことがない男性にも扱いやすいBBクリームです。女性ユーザーが多いのも「使いやすい・ベタつかない・粉浮きしない」ということがポイントのようです。女性=メイクが上手、と思われていますがメイクが苦手な女性ってすごく多いですからね。

また皮脂の分泌も防ぎテカリ防止にも繋がります。強力な洗顔(クレンジング)を使わなくても簡単に落とすことができるため肌に優しいBBクリームです。

持続力と自然な色合いの「NULL(ヌル)BBクリーム」

NULL(ヌル)BBクリームは「自然な肌の色合い」にこだわった商品です。カバー力が高い上に隠した箇所が自然になります。また、持続力も優れていて塗った後も崩れにくいのが特徴。マットな仕上がりなので夏場のテカリや皮脂浮きも防ぐことができます。

肌に優しく隠す「つむぎCCクリーム」

最後にCCクリームを紹介します。つむぎCCクリームは無添加でプラセンタが配合された肌に優しい商品です。保湿を与えながら青髭を隠すことはもちろん、肌の刺激を抑えています。カバー力はBBクリームに劣るものの、肌への優しさに特に優れているため、肌が弱い人や、青髭がそこまで深刻ではない方に向いています。

BBクリームやCCクリームの目的を忘れずに!

BBクリームやCCクリームはあくまで青髭を「隠す」ものです。この理解は今後も忘れないようにしてください。

そして一般的にメイクアップ用化粧品というのは、化粧品の中でも特に毒性が強い化粧品であることも忘れないでください。使えば使うほど肌に悪影響を与え、それこそ青髭よりも敏感肌や肌荒れなどに悩むことの方が多くなるかもしれません。

私がおすすめするBBクリームやCCクリームの活用というのは、あくまで「緊急用」としてです。結婚式などの華やかなシーンや、人前に立つイベント事など、マナーとしてどうしても綺麗に着飾らなければいけない場面でBBクリーム、CCクリームを使って下さい。

女性は当たり前のように毎日毎日化粧品をベタベタと顔に塗っていますが、あれは皮膚科医や専門の方から見たら異常なことなんです。それを「青髭を隠すため」に日常的に使うというのであれば、肌への負担や得られる効果はリスクの方が大きいと言わざるを得ません。

青髭を「隠す」手段としてはBBクリーム・CCクリームは有効ですが、コンプレックスを解消する方法ではないことを覚えておいて下さい。青髭の根本的な対策は「脱毛」しかありませんし、長期的に見ても明らかにコスパや肌への影響は良いです。その点における理解・考え方は絶対に忘れないでください。