青髭は日焼けサロンで顔を焼けば目立たなくなりますか?

白い肌より黒い肌の方が青髭・濃いヒゲは目立たなくなります。そのため、日焼けサロンやビーチで日焼けすることは「青髭対策」として効果があると言えるでしょう。

しかし、それ以上に「日焼け」というものを客観的に把握し、それに伴う危険も考慮の上実行して下さい。と言うのも、最近特に男性の紫外線対策・UVケアが盛んだと思いませんか?メディアの煽りもありますが、紫外線に伴う日焼け・肌への影響は確かに深刻で、青髭を隠すために日焼けをしても、顔全体がシミだらけになる可能性も考えられるのです。

例えば、お年寄りはほとんどの方が不自然に大きなシミやイボ(シミが更に進行したもの)がありますよね。これらは全部紫外線によるUVケア不足によるものです。

このサイトは紫外線対策を解説するサイトではないので省略しますが、「青髭対策」として日焼けをその手段とするのは少し考え直した方がいいのではと思います。

日焼けサロンで日焼けすれば確かに青髭は目立たなくなるものの…

iroguro

髭が濃くても色黒でカッコよく決められれば何も困ることはありません。青髭で本当に困っていることは、「ヒゲ」ではなく「青く」見えてしまう色白の肌の方なんですよね。

その対策として、色黒になる・日焼けをする、というのは誰が言い始めたかわかりませんが確かによく考えたと思います。しかし、日焼けすることで青髭が薄くなったり、髭が細くなるわけではありません。肌が黒くなることで目立たなくなるだけです。そのため、元々の濃さや細さは変わらないので肌の色が戻るとまた青髭が目立ってきます。

日焼けをすることで肌で起こっていること

uvab

日焼けというのは、実は想像以上に肌に大きなダメージを与える行為です。「日焼け」は言い換えれば「火傷」に近く、シミやシワ、イボなどの肌トラブルの原因を招く要素でもあります。紫外線を浴びることで肌が黒くなることは確かですが、皮膚内でメラニン色素が分泌され、黒くシミとなり、更にコラーゲン物質がダメージを受け弾力やハリ・ツヤといった点でも失われていきます。

メラニン色素は紫外線を浴びて、火傷した皮膚を治そうと体内から分泌され、紫外線後の赤みが解消され赤かった部分が黒くなります。そのため、若い内はメラニン色素で黒くなった後も、肌代謝で肌に残ることはありません。しかし年を重ねるごとに火傷のダメージが徐々に蓄積されていき、シミ・シワができやすくなります。

※UV-Aとは
1年中降り注いでいる紫外線。皮膚の「内部」にダメージを与える。

※UV-Bとは
夏や気温の高い日に降り注いでいる紫外線。皮膚の「表面」にダメージを与える。

紫外線を浴びるとむしろ髭が濃くなる

髭というのはもともと体を守るために生えています。そのため、常に裸の動物は体毛が体中に太く濃く生えていますよね(ゴリラなど)。人間も体中に薄く生えているものの、服を着るようになってから体毛が薄くなりました。そのため紫外線のように、肌にダメージを与えるものを受け続けると、肌の防衛反応で毛が濃くなるんです。

分かりやすい例が、沖縄県民です。沖縄の方の体毛が濃かったり、顔の毛(眉毛や髭など)が太くしっかりしているのは、赤道に近く気温の高い日が本島に比べて多いからです。沖縄の方はいくら脱毛をしても、紫外線がそれを上回るほど強いので体を守るためにどうしても生えてきてしまうというのはよく聞く話です。

髭を目立たなくしようとした日焼けが逆に髭を濃くする可能性もあります。それは日焼けサロンでも同じです。

日焼けしていると脱毛もできない

脱毛の施術方法として、光脱毛やレーザー脱毛といった方法がありますが、これは肌内部の黒い色素に光が反応して照射していく脱毛方法です。従って、日焼けサロンなどに通って肌そのものが黒く濃いと、レーザーや専門の脱毛器がうまく作動せず「脱毛の施術ができない方」として、脱毛をお断りされてしまいます。また、日焼けサロンに行き過ぎた肌だとレーザー慣れして、脱毛サロンのレーザーの効き目にも影響するとも言われています。

あなたの青髭の程度にもよりますが、今後その青髭を脱毛したい、できることなら無くしたい、と考えているなら日焼けサロンで日焼けをすることは避けるべきです。