青髭・濃い髭を薄くする効果がある食べ物は?

髭を薄くする・生えるのを遅らせる、そんな抑毛・脱毛効果がある食べ物は存在するのでしょうか?

結論を言うと、そういった食べ物はありません。しかし、髭が濃くなることを防ぐ食べ物はあります。なんとも回りくどいですが、主にその食べ物は男性ホルモンを「増やす」効果があるものです。

「男性ホルモンを増やしたら髭はますます濃くなってしまうのでは?」と思われますが、男性ホルモンにはテストステロンとジヒドロテストステロンの2種類があり、前者、つまりテストステロンは髭などの性毛の発育を抑制する働きがあるんです。

しかし直接的に髭を薄くさせる働きはなく、あくまで間接的な効果なのであまり大きな期待はしないで下さい。

テストステロンを摂取すれば抑毛効果が期待できる…かも?!

テストステロンの分泌が活発になると、髭や胸毛、脇毛などの「性毛」の発育が抑制されます。言い換えれば、体質的に髭が薄い人、脇毛や胸毛が薄い人はテストステロンの分泌が活発で、ジヒドロテストステロンの分泌がそれを下回っている、という意味になります。

このバランスは生まれた直後から遺伝や生活環境によって決まってしまうようですが、科学的にはその働きをサポートする食べ物(以下)を摂取することである程度の効果が期待できると言われています。

  • タンパク質の多い食べ物
    肉、魚、納豆、無脂肪牛乳、ツナ、玉子、魚卵、木綿豆腐、チーズ、他
  • 亜鉛を多く含んだ食べ物
    牡蠣、レバー、豚肉、牛肉、玉子、魚卵、チーズ、松の実、他
  • アリシンを多く含んだ食べ物
    ニンニク(特に、黒ニンニク)、長ねぎ、あさつき、ニラ、玉ねぎ、らっきょう、他

タンパク質、亜鉛、アリシンはテストステロンの分泌に貢献する代表的な成分ですので覚えておきましょう。

男性ホルモンの分泌を抑制する食べ物

豆腐・豆乳・納豆など大豆製品は大豆イソフラボンを多く含んでいます。大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きと似た効果を持っているため、摂取することで男性ホルモンの分泌を抑制するとも言われています。しかし科学的に見ると、「女性ホルモンを増やす」食べ物は存在しないため、イソフラボンの摂取においても間接的な働きしか期待できず時間がかかります。

女性ホルモンの分泌を量的に増やすためには薬や注射といった力に頼るしかありません。ホルモンバランスを変えるほど女性ホルモンを摂取してしまうと、吐き気・めまい・腹痛といった副作用を伴うため、髭を薄くするためだけの対策ならかえって遠回りになります。

大豆イソフラボンを配合した抑毛ローションも効果なし

口径摂取でも効果のない大豆イソフラボンですから、体外から化粧品で補給する抑毛ローションも当然に効果はありません。ただ、大豆イソフラボンは非常に粒子が細かい成分であるため、スキンケアを目的とした使用ならアフターシェーブローションや基礎化粧品として効果的です。

男性ホルモンの分泌を抑制する食べ物のまとめ

男性ホルモンの分泌を抑制し、ホルモンバランスを整えてくれる食べ物について紹介していきます。

  • 大豆イソフラボンを多く含む食べ物
    納豆、大豆飲料、豆腐、油揚げ、きな粉、味噌、他
  • ビタミンB6を多く含む食べ物
    ニンニク、マグロ、鶏肉、牛肉、カツオ、イワシ、鴨、唐辛子、他
  • ビタミンEを多く含む食べ物
    魚卵(すじこ、いくら、キャビア、たらこ)、赤ピーマン、かぼちゃ、オリーブ、他

摂取量の目安

一日の摂取量
大豆イソフラボン 75mg
ビタミンB6 1.4mg
ビタミンE 6.5~7.5mg

参考元:食品安全委員会「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方 」厚生労働省「日本の食事摂取基準の概要P18・P23」

髭と食べ物の関係性

繰り返しになりますが、髭の悩みを解消できるほど挙げさせていただいた食べ物に力はありません。しかし、タンパク質や亜鉛、アリシンはテストステロンの分泌に貢献するだけでなく、男性の健康維持のために非常に役立つ成分です。

このテストステロンは加齢と共に失われ、ジヒドロテストステロンというテストステロンの対となる成分が増加傾向になります。統計的には30代以降からその分泌が増えていくため、食生活を整えていくこと自体が全く無意味であるとも言えないのです。

根本から改善するとなるとそれこそ「髭脱毛」しかありませんが、これ以上最悪な事態から免れたい場合は、微力ながら食事に気を使う生活にシフトしていくのも対策の一つと言えそうです。