ノコギリヤシのサプリメントは青髭にどんな効果があるの?

ノコギリヤシをサプリメントで摂取すると、今以上に髭が濃くなることを防ぐ効果が期待できます。薄くする効果ではなく、濃くならないようにする効果です。

具体的には、DHTという髭(性毛)を濃くしてしまう男性ホルモンの分泌を抑える効果です。即効性や直接的な効果ではないものの、加齢と共にこのDHTの分泌は活発になってしまうため、予防として若い頃から摂取されている方(薄毛対策として)も少なくありません。

DHTの分泌をノコギリヤシが防ぐ

ノコギリヤシは前立腺肥大の予防、育毛・薄毛対策としてしばしば用いられるサプリメントとして知られています。ノコギリヤシはDHTという男性ホルモンに働きかけ、その分泌を抑制させます。

DHTとはジヒドロテストステロンという男性ホルモンで、これが増えると前立腺肥大や薄毛、性毛の発育に影響を与えます。性毛である髭はこの悪性男性ホルモンが増えることで濃くなってしまいます。逆にこの悪性男性ホルモンの分泌を抑えることで髭が濃くなることを防ぐことができます。

具体的なノコギリヤシの効果は、

  • 髭の抑毛
  • 髪の毛の育毛
  • 前立腺肥大の予防

など。特にDHTは加齢と共に分泌が多くなり、30代を過ぎるとテストステロンとDHTの分泌割合が逆転します。テストステロンは性欲増進・筋肉の発達・健康維持といった男性の体を元気してくれる男性ホルモンです。30代を境に肉体が衰えるのもテストステロンの減少が原因です。

ノコギリヤシの効果を実感するには3ヶ月以上かかる

ノコギリヤシのサプリメントを服用しても、効果が現れるまで最短でも3ヶ月かかります。ノコギリヤシは1日200mg~320mgと摂取量が決まっており、一気に摂取することができません。過剰摂取に伴う副作用はほぼ確実に起こるため、その危険性は必ず把握する必要があります。

しかしその効果にも個人差があり、6ヶ月以上経っても実感が無い方も多いのが現状。医薬の世界において「絶対」はありませんし、「髭を薄くする」という効果を期待してノコギリヤシを摂取するのは科学的に見ても現実的な方法ではありません。

ノコギリヤシを摂取すると副作用がある

ノコギリヤシを摂取するとほぼ確実に副作用をもたらします。

  • 吐き気や嘔吐
    ホルモンの分泌に影響を与えるため、摂取し過ぎるとホルモンバランスが崩れ強い吐き気に襲われます。
  • 胃痛
    ノコギリヤシのサプリメントには脂質が含まれており、摂取するタイミングを誤ると胃が荒れてしまいます。
  • 下痢
    摂取量をオーバーしなくても下痢や便秘になることがあります。
  • 眠気・睡魔
    強い睡魔に襲われるため車の運転や仕事前に摂取するのは非常に危険です。

ノコギリヤシはホルモンバランスに影響を与える強力なサプリメントです。しかしそのノコギリヤシでもってしても青髭の対策としては不十分だと言われています。性毛の生命力と言います化、根の強さというのは非常に強固なものであることがわかります。

ノコギリヤシの実用性

繰り返しになりますが、ノコギリヤシはほぼ確実に何かしらの副作用を伴うサプリメントです。効かないからといって多く摂取することも危険ですし、正しく摂取してもその効果を誰しも享受できるとも分かりません。

また約1ヶ月3000~4000円という費用に加え、医薬品ではないあくまで「サプリメント」ですので、自己判断で危険な薬物を大金を叩いて摂取しているようなものです。DHTは加齢と共に分泌が増えるホルモンなので、ノコギリヤシの摂取を辞めれば当然に体のバランスは戻ってしまいます。

ノコギリヤシを用いた青髭対策は現実性が無く、かつリスクだけはつきまといます。服用される方は必ずその危険性と、また髭脱毛や確実な方法との比較検討を行ってからにしてください。