髭の光脱毛の来店ペースは?どれくらいで効果が出てくる?

効率的に脱毛するためには来店ペースを守る必要があります。来店ペースは脱毛する部位によって多少変わりますが、髭の光脱毛の場合約1ヶ月に1回が来店ペースの目安です。髭が段々と薄まり、伸びてくるスピードが遅くなればそれに合わせて脱毛のペースも落としていきます。毛周期を無視してペースを上げたところで脱毛効果が変わることはありません。

逆に来店ペースを守らず、脱毛回数をむやみに増やしてしまうと、肌に負担がかかり炎症やシミなどいった肌トラブルを引き起こしてしまいます。家庭用脱毛器ではそういったトラブルが頻繁に起こっています。

光脱毛サロンへの最適な来店ペース

来店ペースの目安:1~1.5ヶ月に1回

脱毛では生えている毛(成長期)にしか脱毛効果がありません。また生えている毛は全体の20~30%程度で、体内にはその倍以上の毛が休止期となり隠れています。そのため1回の施術では全ての脱毛することはできず、どんな脱毛方法でも複数回の施術と、間隔を空けた来店ペースがあります。

脱毛回数を重ねていくと、徐々に毛が生えてくるのが遅れてきて、1年を越えた辺りから来店ペースが長くなります。初回~4回目頃までは2週間に1回のペース、5回目以降は生え方に個人差が出てくるため1ヶ月~1.5ヶ月の間を空けながら行っていきます。

部位としては顔が最も毛の埋まっている量が多いと言われており、その脱毛完了目安が2~4年(15~20回の施術)です。ちなみに私の施術例を表にしてみました。

施術回数 経過日数 髭の濃度(目安)
1回目 0日 90%
2~4回目 1~3ヶ月 50~90%
5~10回目 3~12ヶ月 10~50%
11~20回 12~24ヶ月 0~10%

表を見て分かるように、2回目以降で劇的に脱毛の実感を得ることができます。具体的に言うと、「薄い」「人並み」と感じられる程度になります。ちなみに1回の脱毛でも多少の脱毛効果はあります。以下は脱毛前の写真と1回目の脱毛を終えて15日経過した写真。

15日経過の写真は、生え方が不揃い・まばらになっていることがわかります。

そして、2~4回目以降ともなると、目に見えて毛量が減少し、10回目以降は微調整(メンテナンス)としての脱毛となります。完全に脱毛したい場合は施術士のスケジュール通りしっかり通うべきですが、コンプレックスを十分解消できる程度に薄まれば良い考えている方は、10回程度で終わらせてしまってもOKです。見えていた既存の毛母細胞を破壊してしまっているのでここから毛量が元に戻るということはありません。

脱毛に関する来店ペースの注意点・まとめ

  • 回数を増やしても脱毛効果は変わらない
    毛には「毛周期」があります。頻繁に脱毛しても効果は変わりません。それどころか料金だけがかかってしまい皮膚の負担も大きくなります。
  • 施術間隔は脱毛士に従う
    毛が気になるからと言って家庭用脱毛器を利用して自分で脱毛しないこと。スケジュールは毛周期に沿って行うため、それは脱毛士の指示に従いましょう。