抑毛ローション効果なし!いくら塗っても毛は薄くならない

抑毛ローションを使うことで、毛が「薄くなる」「細くなる」と言われていますが、実際にはいくら塗っても効果はありません。現在ある方法で毛が薄くなるのは脱毛だけです。脱毛は毛根に直接刺激を与えているため、毛母細胞(毛を生成する細胞)が破壊され毛が生えなくなります。

抑毛ローション自体は悪いものではありませんが、毛に直接影響するわけではなく、肌を整える効果があるものです。そもそも毛は男性ホルモンの量によって濃く生えているので、塗ることで人体に影響を与えるようなものは医薬品以外ありえない話なのです。

なぜ抑毛ローションは効果がないの?

各メーカーから抑毛ローションが販売されていますが、「毛が薄くなる」という医学的に根拠のある商品はありません。「抑毛ローションで毛が薄くなった」という口コミもありますが、それはステマあるいは気のせいでしょう。

抑毛ローションによく含まれている成分

大豆イソフラボン

イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンと似た働きを持っていると言われています。そのため大豆イソフラボンが含まれた化粧品を肌に塗ることで、体内で男性ホルモンの分泌を抑制し毛を薄くすると言われています。

しかしホルモンバランスが変わるほどの影響が出るほどのものは、市販で売ることはできません。確かに女性ホルモンを摂取することで、体毛が薄く声が高くなったりと女性らしくなることはありますが、ホルモン注射以外で体に影響を与えることはできません。もし大豆イソフラボンがホルモンバランスを変えるほどなら、化粧品ではなく医薬品として扱われてしまいます。

パイナップルエキス

パイナップルエキスが優れているのは保湿力です。パイナップルセラミドという、肌の保湿をキープさせる効果のある成分が含まれています。特にセラミドは口から摂取するより、直接肌に塗ったほうが効果があると言われています。

主な効果が保湿ということもあるので、カミソリ負けによる肌トラブルを解消することに効果が期待できます。

パパイン

パパインはパパイヤから抽出された成分で、たんぱく質を分解する酵素が含まれています。毛の主成分がたんぱく質であることから、パパインの効果で毛が溶かされると言われています。しかし効果があるのであれば塗ったときに除毛クリームのように毛が溶かされていくもので、塗っても即効性がないのであれば、いくら塗っても効果は同じです。

毛を溶かす効果があるのは、チオグリコール酸カルシウムという除毛クリームや脱毛クリームに含まれている成分です。もちろん毛だけでなく皮膚まで溶かされてしまうので刺激が強く、自己処理方法としてはおすすめしていません。

抑毛ローションで得られる本当の効果

抑毛ローションと名前からは、毛に効果があるようなことを期待させますが、実際はどれもスキンケアとしての化粧品に過ぎません。中にはパパインのように、毛を溶かす成分が含まれていることもありますが、肌への刺激を考えて配合量が抑えられているものが多いです。

脱毛以外で生えてくる毛が薄くなることはない

毛が薄くなると思い抑毛ローションを使い続けることが、自己処理方法の中で最も非効率です。たとえ薄くなった方がいようとも、毎日塗り続けることを考えると、生涯かかる費用も馬鹿になりません。

確実に毛を薄くできる脱毛のほうが、よっぽど効率的でしょう。最近では光脱毛の脱毛効果も高く、間引きやデザイン脱毛など安価に・自由に毛を整えることができます。

もちろん脱毛は一時的な費用で見れば安いものではありません。しかし抑毛ローションのように毛に効果があるか証明されていないものにお金を使い続けるより、効果が立証されている脱毛のほうが信用できます。

【参考】青ひげを消す・薄くする方法と対策~脱毛するしかないの?