アトピーや敏感肌の男性は脱毛すべき!その理由とおすすめの方法

アトピーや敏感肌の方でも脱毛できるの?と思っている方、実はアトピーや敏感肌の方こそ脱毛がおすすめです。

アトピーは肌のバリア機能が低下している(むしろ機能すらしていない)ため、外部刺激を受けやすい状態です。その状態で毛の自己処理をしてしまうと治るものも治りません。アトピーには「何もしないこと(自然治癒)」が最適な方法と言われており、ステロイド系の塗り薬も免疫力を下げるため、治療方法としては不向きです。

敏感肌についても同様です。肌に影響が少ない方法を求めて抑毛ローションなどに手を出してしまうと最悪。何が肌に反応するか分からないため、できるだけ何も塗らない・付けないことが大切なのです。

アトピー・敏感肌の方に脱毛を勧める理由

毛が濃い方にとって「アトピーや敏感肌だから何もしない」ということは無理な話で、毛を処理しないと蒸れたり、雑菌が付着しやすくなったり、かゆみを引き起こす要因となります。かといって毛を剃ったり抜いたりしていたら、いつまで経ってもその症状が改善されることはありません。毛というのは皮膚を守るために存在するものの、アトピーや敏感肌のように内側から皮膚が蝕まれている場合、毛は皮膚にとって脅威なものと化します。

従って、妙な自己処理でその場しのぎを貫くのではなく、長期的なことを考えて早々に脱毛すべきなのです。

自己処理ではアトピーを悪化させてしまう

どんな自己処理でも必ず負担がかかります。毛をカミソリで剃ると刃が肌に触れ、角質層まで削ってしまったり、毛抜きで抜いても毛穴周りの細胞が破壊されてしまいます。そのため除毛クリームや脱毛クリーム、抑毛ローションなど、化粧品に頼ったケアをしている方も多いと思います。

ただ結論を申し上げると、物理的な自己処理も、薬品を使った自己処理も、全て皮膚に対しては逆効果。毛に対してはその場限りとしての対策として有効かもしれませんが、それを一生続けるつもりですか?アトピーについては大人になってゆくゆくは完治できる可能性はありますが、敏感肌については「治る」というものでもありません。

脱毛で自己処理のランニングコストを削減

どの自己処理も即効性があり、安価で手軽に毛を処理できます。しかし毎日毛を処理し続けるためには相応のリスク(肌へのダメージ)があり、継続するコストもかかります。

ただ脱毛なら毛が生えなくなるので毎日処理する必要がなくなります。何もしなくても、毛が原因でアトピーが悪化することはありません。

カミソリや除毛クリームを使い続けるためには替え刃代やクリーム代がかかります。生涯使い続けることや皮膚への安全面を考えればどちらが良いかなど言う必要もないでしょう。

「光脱毛」は費用が安くて低刺激

光脱毛は光の出力が抑えられており、肌への安全性が高い脱毛方法です。ちなみに私は光脱毛で施術を行いましたが、最も低刺激だと言われているこの方法でさえも痛みを強く感じました。従って、アトピー・敏感肌の方にとってレーザー脱毛はほぼ不可能だと思われます。

また多くのエステ・クリニックでは、照射テスト(パッチテスト)を行っています。照射テストは施術で扱うものに関して、アレルギー反応がないか確かめるもので、部分的に脱毛を体験できます。基本的に初回の無料カウンセリングで行ってくれるところが多いため有効活用しましょう。

光脱毛サロン「リンクス」ならパッチテストが無料
リンクスではアトピーや敏感肌の方でも不安なく脱毛できるよう、カウンセリング・肌状態のチェック・パッチテストまで全て無料で行ってくれます。また脱毛箇所は髭や胸毛、Oラインなど全ての無駄毛に対応しています。

アトピー肌の方が光脱毛で脱毛する際の注意点

  • 照射テストを無料で行ってくれないところもある
  • 肌に全く刺激がないわけではない
  • 施術後は絶対安静(飲酒・運動・サウナなどは厳禁)
  • 部位によっては赤く腫れることもある

光脱毛は安全性が高いものの、飲酒や運動など血流を促す行為をすればほぼ確実に赤みや炎症・腫れなどにつながります。これはアトピーや敏感肌にない人でそうなってしまうため、より注意を払う必要があります。

リンクスで髭脱毛しました。口コミ・評判を実体験からまとめます。

2017.01.10

「ニードル脱毛」ならどんな肌にも対応可能

ニードル脱毛は1つ1つの毛穴に針を挿入し、毛根に電気を流し毛母細胞(毛を生成する細胞)を破壊する方法。皮膚面ではなく「毛穴」に対して施術を行っていくため、敏感肌であろうとアトピーであろうと関係なく、どんな肌でも、どんな場所でも脱毛することができます。

光脱毛やレーザー脱毛では、毛のメラニン色素(黒い部分)に反応させる光を照射しています。そのため毛だけでなく黒い部分にも反応してしまい、黒い肌やアトピーによる色素沈着にも刺激を与えてしまうことがありました。光脱毛でも反応が出てしまった方の最後の希望がニードル脱毛なのです。

ニードル脱毛の注意点

  • 時間と費用がかかる
  • 施術の痛みは最も強い
  • 毛を伸ばす必要がある
  • 施術後に毛穴が赤く腫れる

ニードル脱毛は肌に負担がかかりにくい施術であるものの、毛根に電流を流しているため、脱毛後に毛穴周辺が赤く腫れることがあります。敏感肌やアトピーの症状としてではありませんが、脱毛部位がブツブツになります。1日で元に戻り、また脱毛を繰り返すうちに症状すら出なくなりますが、最初のうちは注意しましょう。

また料金については光・レーザーの比ではありません。数十万、場合によっては数百万という料金になってしまうこともあるため、必ず前もってどれくらいの費用がかかるのか見積もってから施術を受けるようにしましょう。

脱毛がアトピー・敏感肌改善のきっかけになる

特に女性のアトピー・敏感肌の方で、全身脱毛している方が非常に多いと言います。毛は肌を外部刺激から守るためにあるものの、生えている部位によっては雑菌が多く(特に髭)、アトピーや敏感肌を悪化させる原因になります。

冒頭でも述べましたが、アトピーや敏感肌には何もしないことが最適な方法であり、脱毛することで何もしなくていい肌にすることができます。脱毛後にアトピーや敏感肌による炎症や腫れが引いた事例も多く聞かれます。「アトピーや敏感肌だから脱毛できない」と視野を狭めず、治療法として取り入れてみるのも1つの手段かもしれません。