[口コミ]フィーモ エピDX PLUSはヒゲにも使える?

除毛クリームの中でも痛くないことで有名なのがフィーモ エピDX PLUSです。この除毛クリームはエステサロンと共同開発して作られたことから、従来の除毛剤の欠点でもある痛みやニオイに着目して徹底改良されているようです。

フィーモ エピDX PLUSの特徴と効果

除毛剤であるチオグリコール酸カルシウムが多く配合されていることは他の除毛クリームと同じです。

さらに大豆エキスや茶エキス、ホホバオイルといった保湿成分が豊富に含まれています。そのため除毛と同時に肌を保湿できるため、刺激をなるべく抑えられるように工夫されています。

フィーモ エピDX PLUSの対象部位

対象部位は顔以外の全てに使えます。低刺激なので陰毛や粘膜付近にも使えるようです。

フィーモ エピDX PLUSの効果

すね毛に塗ったときは除毛クリーム特有のヒリヒリした感じがなく、除毛効果があるのか不安になるほどでした。しかし説明書どおりに10~15分ほど痛みがないまま放置してシャワーで洗い流すと、きれいに毛が抜けていきました。

すねや腕であれば刺激はほとんどありませんが、陰毛だと少しヒリヒリした痛みがあります。脇や陰毛だと太く20分以上置かないと成分がなかなか浸透しません。そのためツルツルとまでは処理できず所々残ってしまいます。

チオグリコール酸カルシウムはたんぱく質を溶かす成分です。そのためいくら刺激がなくても長時間付着していると肌荒れの原因になります。

フィーモ エピDX PLUSのメリット・デメリット

メリット

  • 刺激が少ない
  • すねや腕毛はきれいに処理できる
  • 保湿成分が豊富

デメリット

  • 毛を処理するのに時間がかかる
  • 人によっては肌が荒れる可能性がある
  • 陰毛や脇毛など太い毛には効き目が出づらい

フィーモ エピDX PLUSは髭に使えるの?

髭のように太いとフィーモ エピDX PLUSでは対処できませんでした。処理できるところもありましたが、仕上がりがまばらになってしまうためあまりおすすめできません。

チオグリコール酸カルシウム以外にも多くの成分が配合されているため、本来の除毛効果が弱くなっています。