髭脱毛は保険の対象になりますか?

美容目的で行う脱毛は、自由診療のため保険が対象になることはありません。保険診療のように、「3割負担」となることはなく、全額自己負担で支払うことになります。

保険の対象となる基準に厚生労働省が脱毛を「治療」として認めているかどうかの問題があります。一般的に髭が生えていることが、「病気」として扱われない限り、脱毛が治療として保険診療になることはありません。

なぜ髭脱毛は保険の対象にならないの?

保険の対象となる基準は全て、厚生労働省によって定められています。厚生労働省がその症状に対して、病気として判断し治療が必要なときに保険診療の対象となります。また保険診療は診療点数表に基づいて明確にかかる金額が定められています。

そのため、どこの病院で治療しても料金が大きく変わることはありません。脱毛以外にも、保険診療を行っている歯医者さんでも、歯を白くするホワイトニングは保険の対象外となっています。医療機関で行われているもの全てが、保険の対象となっているわけではありません。

医療行為の永久脱毛でも保険の対象にならない

永久脱毛は毛を生成する細胞を破壊するため、厚生労働省が医療行為として認めています。そのため、厳密には医師免許を持っている方しか、永久脱毛はできません(エステで行う脱毛治療はあくまで美容・エステの範疇)。

自由診療の脱毛は場所によって料金も異なる

永久脱毛は医療行為でも、自由診療として行っているため、料金はクリニック側で設定しています。そのため、同じ治療法でもクリニックによって料金が変わってきます。たとえ同じ機械を使っていても料金が異なるため、安く効果的に脱毛したいなら、事前のクリニック選びが重要です。

多毛症やホルモン系の疾患は保険の対象になる

保険の対象として、保険診療が認められるものに「多毛症」や「ホルモン系の疾患」があります。どちらも男性ホルモンの過剰産生が原因となっており、治療法として体内に女性ホルモンを注射してホルモンバランスを整えます。脱毛ではなく、ホルモン療法と呼ばれる治療法です。

そのため美容外科クリニックでは行えず、専門の病院で治療を行うことで、保険診療となります。「周りの人より髭が濃く困ってます」ぐらいでは保険診療になることはありません。

カミソリ負けなら保険の対象で外服薬を処方される

カミソリ負けで肌に炎症や出血、赤みなどを引き起こした場合、皮膚科へ行けば保険診療として外服薬を処方されます。髭をなくすことは保険対象外でも、剃ったときに肌が傷付いた場合は、保険の対象となります。保険診療で外服薬を処方されたいなら、美容外科クリニックではなく、皮膚科(病院)に行くことです。

他にも、肌荒れでニキビができたりしても皮膚科に行けば保険診療として治療できます。

脱毛は保険対象外だからこそクリニック選びが重要

繰り返しになりますが、髭を脱毛することは保険の対象になりません。自由診療で行っているため、クリニックやエステによって料金が異なってきます。髭を効果的に脱毛するためにはクリニック選びが重要になってきます。

自由診療(全額自己負担)なので、安く済ませることが一番ですが、やはり髭を生えないようにするためにはお金がかかります。永久脱毛の中で安いレーザー脱毛でも約7万円近くかかってしまいます。脱毛が保険診療になれば、費用は格段に安くなりますが、今後も髭が生えていることが病気として判断されることは難しいでしょう。

髭の濃い方にとっては、コンプレックスの1つなので、少しでも安く解消したいものです。現在ある髭を解消できる方法は永久脱毛だけです。また永久脱毛の中でも、レーザー脱毛は一番費用が安く、実績のあるクリニックで治療を受ければ、効果的に髭を解消できます。