髭脱毛で起こる副作用まとめ~毛嚢炎・泥棒ヒゲ・赤み(炎症)

髭を脱毛した後は肌が荒れやすくなります。いくら毛根だけを刺激するものでも、毛穴周りや照射された肌にもダメージが加わります。脱毛後は脱毛した髭が濃くなったり、毛穴が炎症を起こし赤く腫れます。これはどれも脱毛後の副作用です。脱毛後は一時的に肌が荒れやすくなりますが、正しく対処すれば1週間以内に治まります。

また予防すれば副作用を最小限に抑えることができるため、脱毛前に確認しておきましょう。

髭脱毛で起こる3つの副作用

髭を脱毛したときは毛根が破壊されるだけではなく、肌が荒れやすくなります。

脱毛したときに起こる副作用が以下の3つです。

  • 毛嚢炎(もうのうえん)
    赤くニキビのように肌が腫れます。脱毛したときに毛穴の中が炎症し、皮膚炎を起こしています。
  • 泥棒ヒゲ
    脱毛後に髭が濃くなってしまうことがあります。毛を熱の力によって破壊しているため、焼かれた毛が焦げて黒く毛穴に残ってしまいます。
  • 赤みや炎症
    脱毛後に、日焼けした肌のように赤く肌が火照ります。一時的に肌が火傷した状態のことを言います。

髭脱毛で起こる副作用の原因

副作用は特にレーザー脱毛や光脱毛で起こりやすいです。照射される光の出力によって肌が刺激されてしまいます。体の中でも髭は毛が密集しているため、照射される光を多く吸収し、強く刺激を受けてしまいます。

レーザー脱毛や光脱毛は、メラニン色素(黒い部分)に反応する光を使っており、毛だけではなくホクロやシミ、黒く日焼けした肌にも刺激を与えてしまいます。そのため、クリニックやエステで行うレーザー脱毛や光脱毛では、ホクロの上に生える毛や日焼けした肌では脱毛を断られることもあります。

どれぐらいで肌荒れは治まるの?

髭を脱毛して起こる副作用はどれも一時的なもので、1週間以内で自然に治ってしまいます。特に赤みや炎症に関しては、脱毛した日のうちに引くこともあります。どれも治すために長期的にかかるものはなく、一時的なものです。

しかし脱毛した部分が気になり、触ったり毛抜きで毛を抜いたりしていると、肌荒れが悪化してしまいます。脱毛後の肌は敏感で、外部からの刺激を受けやすくなっているため、気になっても触らないようにしましょう。

髭脱毛で起こる副作用の予防法

  • 脱毛した部分を触らない
    様々なものに触れている手は、体の中でも特に菌が付着しています。脱毛した部分が気になり手で触っているうちに菌が付着して肌荒れが悪化します。
  • 脱毛後に肌を冷やす
    火傷した肌と同様に、保冷剤や氷水で患部を冷やすと治まりやすくなります。
  • 肌を保湿する
    脱毛後の肌は乾燥しやすくなっています。そのため肌を保湿させることで、毛嚢炎の悪化を抑えられます。クリニックではクリームが処方されることもあり、治まるまでは塗っておきましょう。
  • 光の出力を下げる
    脱毛し始めのときは毛が太く刺激が受けやすいです。最初のうちは医師や施術者に伝えて光の出力を下げてもらいましょう。

髭脱毛した後に副作用が起こりやすい人

  • 髭が濃い方
  • 日焼けしている方
  • シミやホクロが多い方
  • 敏感肌の方

副作用が気になるならクリニックで脱毛

脱毛後の副作用が気になるなら、クリニックで脱毛することをおすすめします。医師のいるクリニックであれば、副作用を抑えるための塗り薬や飲み薬を処方できます。一方医師のいないエステでは薬を処方することはできません。そのため、エステで行う光脱毛は脱毛方法の中でも安全性に欠けてしまいます。

しかし、エステでは副作用のリスクが少ないニードル脱毛を受けることができます。ニードル脱毛は毛根だけに直接刺激を与えるため、刺激が加わる範囲を最小限に抑えることができます。そのためニードル脱毛は脱毛方法の中でも最も安全性が高いと言われています。