埋没毛のヒゲ脱毛は可能?脱毛方法は光?レーザー?ニードル?

ヒゲ脱毛を考える理由として多いのが埋没毛による肌トラブルをなくしたいという悩みです。顔は他の部位と異なり、皮膚が薄く乾燥しやすいためトラブルが起きやすいのですが、それに拍車をかけるように毎日の髭剃りや毛抜きでダメージを与え続けているので埋没毛は出来やすくなります。

埋没毛が多いと脱毛できないのでは?と思っている方も多く当サイトにも質問が寄せられますが、埋没毛の脱毛自体は可能です。

埋没毛を確実に脱毛したいならニードル脱毛

毛根に直接電気を流し破壊するニードル脱毛は、敏感肌や日焼けしている肌、ほくろ毛や埋没毛も施術することが可能です。レーザー脱毛で対応しきれない部分に適しているともいえます。

しかし一方で、ニードル脱毛は医療機関ではないエステのみの施術となっていて、施術者により個人の技能に大きな差があるため強い痛みを伴ったり、安全面やリスクを負う方法でもあります。

細かい話になりますが、光脱毛は医学的に言うと「永久脱毛」ではありません。ニードル脱毛も医学的には永久脱毛ではないのですが(医療機関で行わないため)、最も永久脱毛としての効果があると言われています。また最近ではレーザー脱毛でも永久脱毛が可能とされています。メディオスターという最新の機械が備わっているクリニックで施術を行えば、ニードル脱毛よりも安く・安全に・医師が施術を行ってくれます。

メディオスターの効果を徹底解説!日焼けしていても髭脱毛が可能

ただ、ニードル脱毛もレーザー脱毛も非常に高度な技術を要するので、実績があり安全な医療機関であるクリニックで適切な診察をしてもらうのが吉でしょう。

埋没毛の脱毛に毛抜きはNG

過剰な深剃りや毛抜きでヒゲを抜くことにより、皮膚にダメージを与え毛穴が炎症を起こしてしまい、皮膚が塞がり、中で毛が成長している状態が埋没毛です。

毛抜きは「毛周期」と呼ばれる毛が生え変わるサイクルを乱したり、シミやたるみの原因にもなります。毛抜きをやりすぎると、場合によっては脱毛を断られる(又は効果がまったくない)ということもあるため、脱毛を考え始めた時点でやめるようにしましょう。

光脱毛・レーザー脱毛を行うクリニックやエステでは、軽度な埋没毛であれば脱毛することは可能ですが、埋没毛の状況がひどいと照射レベルを上げても効果がないことがあります。無理やり照射しても炎症がひどくなり火傷状態になってしまう恐れもあるため、該当箇所に保護テープを貼って行うこともあります。

光、レーザー脱毛で埋没毛を治療する場合、他の正常な毛よりも効果を実感しにくかったりします。そのため洗顔や剃り方に注意して、埋没毛が自然と表面に出てくるまで待つ方が近道になることもあります。