髭脱毛前に確認!ホクロや黒ずみがある箇所は脱毛できないかも

生えている髭全てを脱毛したくても、ホクロや黒ずみがある箇所は脱毛できないことがあります。光を照射するレーザー脱毛や光脱毛では、ホクロや黒ずみがある箇所を脱毛しようとすると、肌を火傷してしまう可能性があります。

レーザー脱毛や光脱毛は、黒いメラニン色素に反応する光を使っており、本来黒い毛根のみを破壊します。しかし、顔にあるホクロや黒ずみにもその光が反応してしまい、刺激を与えてしまうのです。またホクロに照射すると薄くなったり、消えてしまうこともあります。

どの脱毛方法でもホクロや黒ずみがある箇所は脱毛できないの?

レーザー脱毛や光脱毛では、ホクロや黒ずみがある箇所を脱毛することはできません。唯一脱毛できるとしたら、ニードル脱毛です。

レーザー脱毛や光脱毛でも、ホクロや黒ずみには保護テープを貼り、照射されないようにしています。もともとレーザー脱毛や光脱毛の場合、日焼けしている肌だと脱毛そのものを断られてしまうことが多いです。

ただ、ニードル脱毛は光線を浴びさせる脱毛方法ではないため、ホクロやシミ、黒ずみがある場所でも脱毛できます。ニードル脱毛では毛穴1本1本に針を刺し、毛根に直接刺激をを与えているため、ホクロや黒ずみに刺激が加わることはありません。ただこの方法も、ホクロや黒ずみがあると毛穴が見えづらく施術しづらいのは確かです。安全性を考えて施術を行っているエステでも、勧めて行っているところはありません。

ホクロが小さかったり色が薄いとそのまま脱毛できる

ホクロはメラニン色素を持つ細胞が集合してできたもので、レーザー脱毛でもサロンで行う光脱毛でも刺激を与えてしまいます。ただその濃さや大きさに応じて、医師や施術者とのカウンセリングによって脱毛可能か判断されることもあります。ホクロは脱毛後薄くなってしまうことがあり、その判断に関しても「本人の同意」があれば行われます。

黒ずみも同様に脱毛できる
黒ずみもホクロと同様にその大きさや濃さの程度によって脱毛可能です。光を使って脱毛する際に重要なことは、肌へ刺激が少なく脱毛できるかどうかです。この判断も医師や施術者とのカウンセリングによります。

ホクロや黒ずみ箇所だけをニードル脱毛

ホクロや黒ずみ箇所だけをニードル脱毛で処理することも可能です。ニードル脱毛であれば、毛穴に針を刺して毛根に直接刺激を与えているため、ホクロや黒ずみ箇所に刺激が加わることはありません。レーザー脱毛する前にホクロを美容クリニック等で除去すると理想です。ホクロ除去は1mm程度の大きさで約1万円ほどかかるため、ニードル脱毛したほうが安く済むことが多いです。

ニードル脱毛なら日焼けした肌でも脱毛できる
ニードル脱毛は黒い部分に関係なく脱毛できるため、日焼けした肌でも脱毛できます。またニードル脱毛の施術自体は、脱毛方法の中でも最も安全性が高いと言われています

メディオスターでもホクロや黒ずみ箇所は脱毛できない

メディオスターは日焼けしている肌でも刺激が少なく脱毛できると言われています。しかし使っているレーザーは出力を抑えられていても、結局はホクロや黒ずみにも刺激を与えてしまいます。現在ある、レーザー脱毛や光脱毛では「絶対にできる」という保証はありません。

悩む前にカウンセリングを受ける

最終的にホクロや黒ずみがある箇所が脱毛できるかどうかは、医師や施術者しかわかりません。またレーザーや光で無理に脱毛しても、ホクロや黒ずみに刺激がないということは毛根にもダメージが届いていません。「脱毛」という本来の目的を見失うことになります。

あれこれ悩んでいるのであれば、無料カウンセリングを受けることをおすすめします。