青髭脱毛前に確認!髭を自力で薄くする方法

最も効果的に髭を薄くする方法は永久脱毛です。しかし、自力で一時的に髭を薄く見えるようにすることができます。それが以下の3つです。

  • 光脱毛器「ケノン」を使う
    ケノンはエステで行う光脱毛並の脱毛効果を得ることができます。
  • パナソニックの電気シェーバー「ラムダッシュ」を使う
    ラムダッシュは電気シェーバーの中でもトップの深剃りを誇っています。今よりもさらに髭を根元から捕えて剃るため、青く残りにくいです。
  • 日焼けする
    白い肌より黒い肌の方が髭が薄く見えるようになります。

髭を薄くすることは可能

急に髭が薄くなることはなくても、脱毛器で髭を脱毛したり、電気シェーバーで深剃りすると髭は青く残らないようになります。髭が伸びやすい方には脱毛器がおすすめです。脱毛後は毛穴の中に毛が残ることはありません。そのため、薄くなっている時間が長いです。

脱毛できなくても髭を電気シェーバーで深剃りすれば、薄く見えるようになります。薄く見える期間を持続させるためには毎日髭を剃らないといけません。

自力で髭を薄く処理する方法

光脱毛器「ケノン」を使う

脱毛器は自力でできる方法として最も薄くする効果が高いです。中でも光脱毛器ケノンはエステで行う光脱毛と同じくらい脱毛効果が高いです。照射してから5~10日で毛が抜け落ちてきます。ただ脱毛効果には個人差があり、半月~1ヶ月に1回の使用で約6ヶ月で髭が薄くなっていきます。

ケノンは1回で照射できる範囲が広く、継続して使っていくことで髭を脱毛できます。しかし完全に脱毛されるわけではないので、使用を止めると再び毛は生えて濃くなってしまいます。

パナソニックの電気シェーバー「ラムダッシュ」を使う

即効性を求めて髭を薄く見せたいなら、ラムダッシュで深剃りすると良いです。カミソリでも深剃りはできますが、毎日剃り続けても肌に負担が少なくて済むのが電気シェーバーです。

ラムダッシュは髭を捕らえる外刃がナノレベルまで薄いため、毛を根元から剃れます。また搭載された「ヒゲセンサー」が青く残る髭を感知して剃ります。深剃りだけでなく、剃り残しも防ぎ髭が青く残らないようにしてくれます。

日焼けする

日焼けは自力で脱毛器や電気シェーバーに頼らずに、薄く見えるようにする方法です。夏場であれば、外に出て日差しを浴びれば日焼けすることができます。お金もかからないため、髭を隠す方法のなかでもコストが抑えられます。

もちろん、日焼けすると年を取ったときにシミになってしまうことは承知のうえで行いましょう。

メディオスターの効果を徹底解説!日焼けしていても髭脱毛が可能

青髭は永久脱毛しないと一生薄くならない

自力で薄くするためにはケノンしかありません。結局髭は脱毛しないと薄くなりません。しかしケノンで脱毛していくためにはその維持費や、自分で処理していく上での危険性も伴います。確実な効果を求めるのであれば、髭を永久脱毛するしかありません。髭は脱毛すると、約2~3週間で抜け落ちてきます。また脱毛回数が増える度に、徐々に髭が薄くなっていきます。青髭のように太く残りやすい毛は1年ほどで薄くなります。脱毛完了するまでには3年近くかかりますが、青髭を薄くすることに時間はかかりません。

「髭のないつるつるした肌になるのは…」と脱毛を嫌がる方もいますが、産毛ほどの毛が脱毛されるまでは4年近くかかります。そのため、女性のように髭のないつるつるした肌になることは脱毛してから当分先の話です。