リスクは多いけど家庭用脱毛器でも髭脱毛できます

家庭用脱毛器にはレーザー・光・サーミコンと主に3種類あります。この中で髭を脱毛できるものがレーザーや光を使った脱毛器です。どちらも脱毛効果は高く、毛根にダメージを与えるため、処理後に毛が抜け落ちてきます。

サーミコンは毛を焼き切る脱毛器で脱毛効果はありません。その場で毛が処理できるので、用途としては電気シェーバーと同じです。熱で毛を焼き切る際毛根にダメージを与えるため、毛が生え変わるスピードを遅らせる効果があります。

家庭用脱毛器のリスクとは?

すね毛や腕毛に使うことの多い家庭用脱毛器ですが、髭に照射する場合はサングラスをしないと失明する可能性があります。家庭用脱毛器はクリニックやサロンで行われている方法と同様に、黒い色素に反応する光を使っています。そのためホクロやシミ、日焼けした肌だけではなく、髭を脱毛する際に黒目にも反応してしまいます。

また家庭用脱毛器の中でもレーザー式のものは特に威力が強いです。そのため脱毛効果はあっても照射した部分が火傷することもあります。クリニックとは違い、素人が扱う家庭用脱毛器に安全性を保証するものはありません。

家庭用脱毛器の効果

髭を脱毛するための家庭用脱毛器にはレーザーと光の2種類あります。どちらの機械も毛を照射して毛根にダメージを与える方法です。しかしレーザーと光では威力が異なり、脱毛時の痛みや1回で脱毛できる範囲も異なります。

脱毛器
レーザー脱毛器(トリア)

光脱毛器(ケノン)
価格 54,800円 98,000円
メリット
  • 脱毛効果が高い
  • アメリカのFDA認定(※)
  • 医療レーザーと同じレーザーを使っている
  • 照射範囲が広い
  • レーザーより痛みは少ない
  • 1回にかかる時間が短い
デメリット
  • 髭は特に痛い
  • 照射面積が狭い
  • 処理するために時間がかかる
  • 産毛には効果が出にくい
  • 毛が抜け落ちるまで時間がかかる
  • 本体価格が高い

※FDAとはアメリカ食品医薬局のこと指し、医療機器や医薬品、化粧品などの効果について取り締まっている機関です。日本では厚生労働省にあたります。

レーザー脱毛器の効果

レーザー脱毛器は脱毛器の中でも脱毛効果が高いです。照射して約3ヶ月以内に毛が抜け落ちてきます。しかし1回の照射できる範囲が狭いため、髭全体を脱毛するのに時間がかかります。

レーザー脱毛器の中でも「トリア」の脱毛効果は高く、医療レーザーであるダイオードレーザーの技術を応用されています。もちろん、レーザーの出力は医療用より抑えられています。また家庭用脱毛器としてアメリカのFDA(食品違約局)が唯一認定しました。アメリカは医療レーザーを作り出し、特許を取得しています。トリアの脱毛効果は医療レーザーの特許を持つアメリカが認めていることになります。

その脱毛効果は月1回のペースで約1年ほど使っていき、脱毛を実感した方も多いです。

光脱毛器の効果

ケノンは照射レベルが10段階に調節できます。レベル10の脱毛効果は「エステ並」と言われているほど強力です。また照射面積が直径約8mmしかないトリアに比べて、ケノンは横3.5cm×縦2.5cmの範囲で照射できます。この大きさはエステにある光脱毛を行う機会と変わらないくらいです。また髭以外にも、胸や腕といった無駄毛にも対応しています。

ケノンには消耗品としてカートリッジがあり、1回の交換(3,780円)で20万発の照射ができます。トリアにも消耗品にバッテリーがありますが、500回(最大充電回数)使用して交換すると約2万円かかります。ケノンは本体自体の価格は高いですが、使い続けていくとトリアよりランニングコストが安く抑えられます。

家庭用脱毛器は永久脱毛するよりお金がかかる

トリアもケノンも脱毛効果はあっても永久脱毛はできません。そのため処理することを怠ると再び毛は生えてきてしまいます。

レーザー脱毛器トリアの値段は約6万円、光脱毛器ケノンが約10万円です。どれも脱毛できても、安いものではありません。ケノンに関していえばレーザー脱毛で永久脱毛するより費用が高いです。たしかに家庭用脱毛器は手軽かもしれませんが、処理し続けることも手間になります。