青髭脱毛後記~脱毛して始めて分かったメリット・デメリット

永久脱毛にはレーザー脱毛・ニードル脱毛と2つの方法があります。ニードル脱毛は費用が高く、「痛い」という口コミが多かったため、私はレーザー脱毛で永久脱毛しました。

しかしレーザー脱毛にも医師の技術によって脱毛の良し悪しがあり、どこのクリニックでも大丈夫!というわけではありません。私もレーザー脱毛を受ける前に口コミや症例などを色々見てから、クリニックを選びました。永久脱毛はすぐに決断できるものではないので、しっかりと確認して後悔しないように脱毛しましょう。

髭は永久脱毛じゃないと生え続ける

髭を脱毛するには、レーザー脱毛・ニードル脱毛・光脱毛と3つの手段があります。この中で「永久脱毛」と言われているものはレーザー脱毛とニードル脱毛のみです。光脱毛で脱毛しても、通院し続けないと再び毛が生えてきてしまいます。

ニードル脱毛に関しては、医師免許を持たない方が施術を行っています。そのため、エステでニードル脱毛ができても「永久脱毛」できる保証はありません。光脱毛は脱毛方法の中でも1回の費用が1番安いですが、定期的に通院し続けると費用も時間も無駄にかかってしまいます。

髭脱毛のメリット

  • 青髭が解消される
    私はいくら剃っても、夕方には青髭になるぐらい髭が伸びるのが早くコンプレックスと感じていましたが、常にツルツルな状態でいられるため大満足でした。
  • 髭を剃らなくていい
    脱毛すると当然ですが髭が無くなるため、「剃毛」という毎日の作業がなくなります。
  • 女性からの好感度が上がる
    女性の持つ髭への印象は悪く、「不潔」「だらしない」と思われています。髭がないだけでも清潔感があり、女性からの好感度が上がります。
  • 髭を剃り続けるより安い
    もし一生髭を剃り続けるとしたら、髭剃りにかかる費用は脱毛代を確実に超えます。そのため髭剃りに費用がかかる前に脱毛したほうがより安く済みます。

    髭処理方法 単価 買い替える頻度 総額(約40年間)
    カミソリ 300~400円(替刃のみ) 2週間に1回 28万円~
    電気シェーバー 18,000~20,000円(本体) 3~4年に1回 23万円~

    レーザー脱毛を約7万円と想定しても、カミソリや電気シェーバーを使い続けるとレーザー脱毛の約3倍以上費用がかかります。

髭脱毛のデメリット

  • 脱毛完了まで時間がかかる
    体にある毛の中でも髭は毛根が太く、脱毛完了まで時間がかかります。最短でも1年以上かかります。
  • 脱毛した瞬間に毛がなくなるわけではない
    脱毛後すぐに毛がなくなるわけではありません。レーザー脱毛では毛の根元(毛母細胞)を破壊するだけです。そのため生えないようになった毛が毛穴からスルッと落ちるまで待っていないといけません。逆に毛根が太過ぎる場合は、同じ毛でも再び脱毛しないと毛の根元が破壊されていないこともあります。
  • 治療後に肌が一時的に火傷する
    レーザー脱毛は毛の色に反応するレーザーで照射していますが、治療後に肌が一時的に火傷することがあります。そういったリスクを避けるためにも一度テスト照射で肌に異常が出ないか確認する必要があります。
  • 治療が痛い
    基本的には麻酔なしで行っているため、痛みを伴います。レーザー脱毛はチクっと針でつつかれているような痛みです。病院によっては各種麻酔を用意していますが、別途で料金がかかってしまいます。
  • 日焼けしていると脱毛を断られる
    クリニックによっては過度に日焼けしていると、脱毛を受けられないこともあります。また受けられたとしても、肌に火傷が残りやすくなります。

髭を脱毛すると周りの人からの印象も変わる

脱毛する前は毎日剃っても夕方に伸びてしまうような髭でした。仕事場の人からも夕方になると「疲れてるの?」とか「老けたなぁ」と言われることがありました。青髭は女性からの印象も悪いようで、髪型や服装はどうにかできても髭に関してはどうにもなりませんでした。

徐々にしか脱毛できないため、一気に印象が変わることはありません。しかし脱毛完了しなくても夕方に青髭になることは解消されました。永久脱毛は通院していく度に脱毛している実感が沸いてきます。最初のうちは不安になっても、永久脱毛しているならその不安は時間が経つ度になくなっていきます。