髭脱毛前に必見!脱毛エステと脱毛クリニックに関する誤解

「脱毛はエステサロンで受けちゃダメだよ!!」

そんなことを言われたり、ネットで目にしたりしたことはありませんか?結論から言うと、半分正解で半分間違いです。「脱毛エステサロン」と言っても、実は光脱毛を主としているエステと、ニードル脱毛を主としているエステがあります。一般的に「ダメ!行かない方がいい!」と言われているのは前者、つまり光脱毛を主としているエステです。しかし、光脱毛であっても正しくエステサロンを選べば何の問題もありません。

もちろんニードル脱毛を主としているエステ、代表的なところで言うとメンズTBCやダンディハウスなどは、安全性が高く、かつ脱毛においても永久脱毛が可能です。ここではエステや、脱毛そのものに対して誤解されている内容についてまとめると共に、髭脱毛をお考えの男性にとって最適なクリニック又はエステ選びができるようまとめていきたいと思います。

脱毛クリニックと脱毛エステサロンの違い

比較 クリニック エステ(光) エステ(針)
施術 医療行為 医療行為ではない 医療行為ではない
資格 医師 不要 C.P.E
電気脱毛の国際ライセンス
※必須ではない
脱毛方法 レーザー 針(電気)
痛み 超痛い 痛い 超痛い
脱毛効果 低~高
永久脱毛 永久脱毛ではない 永久脱毛ではない 永久脱毛
通院期間(髭) 1~4年 1~4年 1~4年
費用(髭) 10~20万 5~20万 20~100万

ここまでで最低限覚えて欲しいことは3つです。

まず第一に、クリニックで行う脱毛は「医療行為」であること。医師が最初から最後まで監修・施術を行い、正しい方法で脱毛を行っていきます。

そして第二に、クリニックで行うレーザー脱毛は、正確に言うと「永久脱毛」ではないということ。エステの中でも「ニードル(電気)脱毛」を行うサロンによる施術が唯一の「永久脱毛」です。しかし永久脱毛ではないレーザー脱毛や光脱毛が、全く効果がないかというとそうではありません。用語的な問題で「永久脱毛」とは言えないだけで、結果を見ると脱毛行為であることに変わりありません。また「脱毛する」ということは医療的な観点で見るとそんなに難しいものではないため、光脱毛でも同じ年月で脱毛を完了させることができます。

最後に、髭脱毛で痛くない脱毛方法はありません。ちなみに私はニードルと光を体験した経験があります。光脱毛を経験するときに「ニードル体験者なら大したことは無いかもしれません」と言われたのですが、想像以上に痛みを伴いました。レーザーの場合は光脱毛では用意されていないオプションの「麻酔」もあるので、その痛みは想像することができます。

単に「エステNG!」「光脱毛NG!」と根拠不明で叫んでいる方は、実態面における理解がまるで足りていません。

エステ(光脱毛)のメリット・デメリット

【光脱毛を採用しているメンズ脱毛エステ】
・リンクス
・メンズキレイモ
・メンズ脱毛ラボ ブラックレーベル

【メリット】
・1回あたりの料金が格段に安い
・通いやすい(全国展開)
・薄くする・間引きすることができる

【デメリット】
・エステによって脱毛の効果がまるで異なる
・業界的な価格競争が起こっているため安全性に問題がある
・施術者の技量、リテラシーに差がある

「光脱毛では脱毛できない」は嘘

光脱毛は極端な話「誰でも施術ができる」脱毛方法です。全国展開できる理由もここにあります。マッサージ店と整骨院の実態に似ていますね。しかし先程もお話しましたが、脱毛とは私たちが思っている以上に簡単な外科処理。光の出力なんてものはレーザーほど高める必要はなく、脱毛マシンと脱毛士がうまく噛み合っているエステであれば十分に脱毛できます。

特に脱毛サロンのリンクスは、医師が監修している脱毛エステサロン。レーザーとほとんど変わらない(場合によってはレーザー以上)効果を持つ特殊な脱毛マシンを導入し、また脱毛士の教育にも力を入れています。「脱毛エステ」と一括りにするのではなく、その中から正しく選ぶことができれば何も問題ありません。

リンクスで髭脱毛しました。口コミ・評判を実体験からまとめます。

2017.01.10

エステ(針脱毛)のメリット・デメリット

aohige005

【針脱毛を採用しているメンズ脱毛エステ】
・メンズTBC
・ダンディハウス
・シンシアリー

【メリット】
・永久脱毛である
・間引き脱毛ができる(髭のデザインができる)
・毛が生えている場所すべて脱毛できる
・最も安全性が高い脱毛方法

【デメリット】
・料金がべらぼうに高い
・全ての脱毛方法の中で最も痛い
・施術を行っているエステサロンが少ない

ニードル脱毛で髭脱毛を行う場合は実績があるエステから選ぶ

ニードル脱毛は医療行為ではありませんが、脱毛用語的に唯一の「永久脱毛」が可能な脱毛方法です。またデザイン目的、ポイント的な脱毛処理、まぶたや眉間、頬など目に近い部位の脱毛ではニードルがおすすめです。特に眉間の脱毛はニードル脱毛でしか施術することができません。

しかし、顔全体が髭に覆われている場合は費用が50~100万以上になってしまう可能性もあります。ニードル脱毛は、毛を1本ずつ施術していくため、「1本あたり◯円」「5分あたり◯千円」と単価制、時間制を設けているケースがほとんど。毛量が多いと設定上高額になってしまい、割に合わないのです。

髭に対してニードル脱毛を行うことはあまりおすすめしませんが、もし施術をする場合は、実績があるメンズTBCあるいはダンディハウスから選ぶようにした方が無難です。

クリニック(レーザー脱毛)のメリット・デメリット

aohige006

【レーザー脱毛を採用しているメンズ脱毛クリニック】
・湘南美容外科クリニック
・ゴリラクリニック
・高須クリニック

【メリット】
・医師による医療行為である
・光脱毛よりフラッシュの出力が高く効果が強力

【デメリット】
・最も痛みを伴う脱毛方法
・料金が高い
・首都圏にクリニックが集中している
・光の出力が強すぎる

医療クリニックによるレーザー脱毛はあまりおすすめできない

医師による医療行為であり、安全性について言うことがありませんが、そこまで強力な光の出力が果たして必要なのか??という点について疑問です。

色々な記事やサイトで「エステサロンで脱毛してはいけません」という文句を見かけますが、その理由はエステサロンによる施術が「医療行為ではない」という理由だけで、効果や実態面に関する説明をしているところはほとんどありません。

実際に私は光脱毛サロンのリンクスで脱毛をしましたが、2年で脱毛を完了させました。ですので「脱毛してはいけない」「脱毛できない」と言われる理由がよくわかりません。むしろ、脱毛するのにどうしてそんなに強力な光の出力が必要なのか?ということの方が疑問であり、安全面について不安です。

「医療行為である」と言っても、美容クリニックに流れてくる医師というのは所詮第一線から外れた方たち。むしろ最近では医師に関する問題などの方が多く取り上げられていることにも目を向けるべきではないでしょうか。

確かに、脱毛エステについては、最近の例で言うと「エターナル・ラビリンス(エタラビ)」という脱毛エステサロンが、概要書面不交付、契約書面の記載不備、虚偽誇大広告、不実告知、債務不履行、債務履行の不当遅延及び財務内容の不開示などの理由で消費者庁から業務停止命令を受けました。

2015年にはミュゼプラチナムの労働環境についても問題になりました。施術者側でそうした問題が起こっている事実に対して、確かに目をそらすことはできません。

全てのサロンがエタラビやミュゼのような環境であるわけではありませんが、それ故に「光脱毛=危険」「レーザー脱毛=安全」と紐付けるのはどうなのかと感じます。

「安全性」だけで選ぶならむしろ光脱毛の方が高い

多くの方が勘違いされていますが、最も安全性が高い脱毛方法は医療クリニックによるレーザー脱毛ではなく、エステサロンによる「光脱毛」です。

なぜなら光の出力が抑えられているからです。医療行為だなんだという点ばかりに注目しがちですが、実際に照射する光の出力が抑えられている「光脱毛」が安全であるのは間違いありません。むしろレーザーの光の出力は、髭を脱毛するのには「強力すぎる」と言われています。

以下はリンクスの脱毛マシンを例にした、脱毛のイメージです。

一般的に、脱毛というのは「光の出力量」で決まるものではありません。そもそも脱毛に十分な光の出力があって、その出力分を正しく毛乳頭に届けることができれば、光だろうとレーザーだろうと、家庭用脱毛器だろうと何でも構わないのです。

しかしその「正しく毛乳頭に届ける」というのが各社やり方が違い、差別化のポイントなのです。レーザー脱毛というのは、その差別化のポイントを「医師が施術する」という特権を用いて、暴力的に出力を上げているだけ(つまり頭を使っていない)。

光脱毛サロンのリンクスの場合は、光の出力については規制量までのものの、その出力分を正しく届ける技術があるためレーザーと変わらない(かつ安全)方法で脱毛できるのです。

総合的に判断した場合どこで脱毛するのがおすすめ?

エステとクリニックの分かりやすいイメージは、

エステサロン=一般企業(サラリーマン)
クリニック=公共機関(公務員)

という感じ。こういったイメージで考えれば、むしろクリニックが安全とも言えなくなるはずですし、クリニックに安全性の問題が今まで一件も起こっていないわけではありません。もちろんエステサロンも危険性が考えられますが、その点を踏まえて、あなた自身がどこで脱毛すべきなのかまとめて終わりたいと思います。

エステ(光)での脱毛がおすすめの人

こだわりはなく、できればお金と時間をかけたくない人。

説明の通り、脱毛効果は光もレーザーも違いはありません。安全性についても、エステだから危険、クリニックだから安全という理解そのものが危険を招きます。1回あたりの料金も安く(エステによっては3ヶ月間無料というところもあります)、全国に所在しているため会社帰りなどにも通いやすい利点があります。

エステ(針)での脱毛がおすすめの人

お金に余裕があり肌が弱い人。

針脱毛は皮膚に光を照射するわけではないため、肌が弱い方やアトピーの方でも脱毛できます。また光脱毛やレーザー脱毛の場合は、フラッシュを当て、しばらく経ってから自然に抜け落ちるのを待つ脱毛方法ですが、針脱毛の場合は、毛穴の根本を直接狙ってすぐさま脱毛するため、施術後の仕上がりが目に見えてわかります。

眉毛や眉間など光を物理的に当てることができない部位の脱毛を考えている方は消去法的にもニードル脱毛を選択することになります。しかし料金については他の2つに比べて高額であるため覚悟しておきましょう。

医療クリニック(レーザー)での脱毛がおすすめの人

医師に施術してもらいたい人。

医師による施術であり、心の安心は保てます。ただ何度も繰り返しになりますが、クリニック=安全とはもう言えません。またレーザーの光の出力は非常に危険性も高く、何より施術そのものが痛いです。ただでさえレーザー脱毛は料金が高いのに、麻酔を使うとなれば更に割高となりますから光とレーザーの比較、エステとクリニックの比較は慎重に行うべきだと思います。

クリニック・エステ 脱毛方法 特徴
RINX
リンクス
光脱毛 ・圧倒的に安い(5~10万)
・全国にエステがある
・脱毛効果はレーザーと同等
・スタッフ全員男性
メンズTBC フェイシャル
メンズTBC
ニードル脱毛 ・頬や眉間も脱毛できる
・確実な永久脱毛可能
・肌に優しい
・高額(20~100万)
オトコの根こそぎレーザー脱毛
湘南美容外科クリニック
レーザー脱毛 ・医師による医療脱毛
・実績が高い、安心
・高額(10~20万)
・施術が超痛い