リンクスで髭脱毛しました。口コミ・評判を実体験からまとめます。

私はリンクスで髭の光脱毛を「完了」しました。つまり、光脱毛でも「永久脱毛」は可能です。リンクスの施術スタッフも光脱毛で髭がツルツルです。スタッフによっては全身光脱毛で“アソコ”の毛まで産まれたままの方もいます(実際に仲良くなって見せてもらいました)。

しかし、「髭を無くす」「ツルツルにする」という行為は美容外科的な治療・医療行為になるため、言葉の定義の上では不可能です。つまり、実態面で見ると、光脱毛であっても永久脱毛効果を得ることができます。

よく、「光脱毛は脱毛ではない」「エステでは脱毛できない」という文言をインターネットの各種サイトで見かけますが、完全な誤情報です。その根拠は、私やリンクスのスタッフが現にツルツルであるから。恐らく実態を知らずに言葉を表面通りにしか受け取っていない証拠なのだと思います。ツルツルにすることも、人並みに減毛(間引き)することもできます。逆に医療脱毛(レーザー脱毛)のように威力が強力なものは否が応にもツルツルになってしまい、後戻りすることができません。フットワークが軽く、柔軟に対応することができる脱毛方法が光脱毛です。

さらにリンクスの光脱毛マシンはレーザー脱毛と同等の脱毛効果があるものを使用しています。これがリンクス最大の魅力。

「え?光脱毛って光の出力が制限されているんじゃないの?!」そう思っている方も多いと思います。詳しくはのちほど解説しますが、私はこうした理由で、最も評判が良く客観的な信頼がおける「リンクス(RINX)」というメンズ脱毛エステサロンを選びました。ここではリンクスで行った実際の施術の効果、客観的な信頼性について検証しています。

私が髭脱毛でリンクス(RINX)を選んだ6つの理由

私がリンクスを選んだ理由は6つ。そしてそれは、いざ施術を開始した後も「やっぱり違った」というものではなかったので、個人的には非常に満足しています。つまり申し込んだ後のギャップや後悔がありませんでした。

  1. 施術者・スタッフ全員男性&施術者が髭脱毛済
  2. 脱毛マシンの脱毛効果が医療レーザーと同等
  3. 料金が明瞭かつ「極めて」安価である
  4. 営業・押し売りは一切無し
  5. 全国にサロンがある
  6. エステサロンでありながら医師が監修している

それでは一つずつ細かく解説していきます。

①施術者・スタッフ全員男性&施術者が髭脱毛済

リンクスでは施術者・スタッフ全員が男性で統一されています。しかも全員イケメンです。

私はそっちの気は全くないのですが、こちらが恥ずかしくなるくらいお顔が整ってらっしゃる方が多いので少し興奮します。実際に、ゲイ・同性愛者の方の利用がめちゃくちゃ多いため、意図的に顔の基準を高めているのだとか。

やはり不細工で不衛生な男性に施術してもらうよりはイケメンにやってもらった方がうれしいですし、女性には話しにくい悩みもフランクにできます。単純に男性で統一したエステやクリニックはありますが、イケメン揃いの脱毛エステはリンクスだけです。

それに加えて施術スタッフが髭脱毛済み、人によっては全身脱毛を行っておりあそこもツルツルという方が何人かいます。実際に施術者が脱毛しているということは何よりも信頼性を高めるものですし、通ううちに自分がなる姿を想像しやすくなります。

②脱毛マシンの脱毛効果が医療レーザーと同等

「光脱毛エステサロン」と聞くと、家庭用の脱毛器をエステティシャンが使って脱毛してくれるだけのものと勘違いしている方が多いようです。またそこから「光脱毛では脱毛ができない」「家庭用脱毛器と変わらない」と間違った認識が広まっているようです。

これは「リンクスの場合」完全に誤り。

リンクスで使っている脱毛マシンは1台〇百万という超高性能マシンであり、医療レーザーに負けない脱毛の効果があります。「光脱毛の光の出力はエステティック基準で定められているはずでは?」「医療レーザーと同等なんてありえないはず」そう感じている方も多いと思いますが、それを可能としているのがリンクス。

リンクスの脱毛マシンは光の出力をそのままに、毛根までの光の浸透力を高める技術に特化したもの。

一般的な脱毛エステサロンでは光の透過フィルターに「クリスタル」を使用しています。これでも十分な脱毛効果を得ることはできますが、リンクスでは「サファイア」を使用しています。

と、聞かされても何のことやら…と感じますが、光を正しく(そのままの出力で)毛乳頭に届けるためにはより精巧な素材を使用しないと難しいとされています。宝石やガラス素材に詳しい方ならご存知だと思いますが、サファイアはダイヤの次に固く・美しい鉱石です。対してクリスタルは、別名「ミネラルガラス」と言われるように、そのものはガラスであり、実はサファイアとは比べ物にならないくらい品質が劣る(光を届けにくい)鉱石なのです。家庭用脱毛器だと普通のガラスや、ひどいものだとプラスチックを使っているものもあります。

家庭用脱毛器は値段がピンきりですが、その理由となっているのがこの透過フィルター家庭用脱毛器を使っても脱毛できない理由や、脱毛エステサロンでも効果にばらつきがある理由がここにあったのです。

本来ならここまでやらなくても光脱毛による脱毛も可能なのですが、「メンズ脱毛専門店」だからこそマシンにはこだわったと言います。実際の脱毛マシンがこちら。

脱毛というとこれまでは女性が行うものとされていましたが、男性にもこうして広まり、今ではかなり受け入れられています。ただ女性向けの光脱毛マシンでは男性の濃く・しぶとい髭を脱毛するには力が足りな過ぎたのです。かといって光の出力規制の改善を求めれば肌トラブルも多くなるため、無法地帯のエステに対してそこまで寛容に対応することは困難。そこでリンクスはこうした対策をとったのです。

光の出力そのものは変わっていないため、もちろん肌への安全性は高いまま。出力レベルを変えず、より安全に・より確実に毛根まで光を届けさせる「浸透力」に優れたマシンを使用しているのです。これを聞いて私はリンクスのメンズ脱毛に対する信頼感が上がり、改めてレーザーやニードルの金額と比較するとお手頃感が高いと感じるようになりました。

③料金が明瞭かつ「極めて」安価である

リンクス(エステサロン)で脱毛する上で、目に見える最大のメリットというのはやはり「脱毛料金」です。

エステ、特に光脱毛を行うエステサロンはその料金が極めて安価。例えばレーザー脱毛による医療クリニックや、エステであってもTBCやダンディハウスが行うニードル脱毛の場合、光脱毛の3~4倍近い価格を支払う必要があります。

「光脱毛では脱毛できない」
「光脱毛では脱毛に時間がかかる」

そう言われることがありますが、すべてが間違いです。

具体的には、髭の範囲や髭の質で料金に大きく差がありますが、顔中髭で覆われている方でも20万以内。ほほや首にまで侵食していない軽度な濃さ、口回りだけの脱毛であれば8万円弱で脱毛完了します(実際に私は20回の髭脱毛セット価格86,000円で完了)。

また、脱毛完了後についても気になることがあれば80~90%の価格で引き続きメンテナンスすることができます。何年か経って、ホルモンバランスによってはぽつぽつと生えてきた後でも、そのメンテナンスのために散髪に行く感覚でケアできるサービスが用意されています。

言い換えれば、20回以内で脱毛は完了するということ。また私の実感では5回程度の脱毛でかなりきれいになりました。そのあとは出てくる毛に対して処理するだけなので、3か月程度でいわゆるあのツルツルの肌自体は手に入れられます。

実は脱毛というのは「きれいにする(青く見えないようにする)」ことだけなら3~5回程度の施術で十分可能。ただ眠っている毛が顔の場合多いため、定期的に通う必要はありますが、「今すぐ、1ヶ月以内にある程度きれいにしたい」というのは無理なように思いますが実はできてしまうのです。

そうした面も含めて業界最安値であることは間違いありません。部位を指定したり、全体的に髭を薄くすることを希望するのであれば、10万円以内、うまくいけば5万円以内で抑えることも可能です。

このように料金が明確に表示されているエステサロンやクリニックは実は非常に少なく、実際に支払う金額が通う前に分かるというのは本当に気持ちが楽になります。

④営業・押し売りは一切無し

例えばTBCやダンディハウスといった大手のメンズ脱毛サロンでは「確実に」営業があります。これはTBCもダンディハウスも公言しています。ただ私も普段の仕事で営業をしているので、営業そのものについて否定することはありません。企業存続のために必要なことですし、提案してくれたことがもしかしたら自分に必要なものであるかもしれないので。逆にそれが不要であればきっぱり断ればいいだけの話です。

ただ、「営業がある」というだけでエステに行く足取りが重くなってしまう人も多いと思います。そういう人にとってリンクスはおすすめです。リンクスの公式にも「勧誘・押し売りをしない」と書かれていますし、実際に私も勧誘・押し売りをされたことはありません。

もちろん、長い付き合いになるので仲良くなってくれば「こういうのもありますよ」「髭以外の脱毛もしてみますか?」という提案はあります。ただそれはどの脱毛サロンであっても、病院が運営する脱毛クリニックであってもあることです。

また実際に脱毛効果を実感した後にご提案いただくことが多いので、お互いの信頼関係が出来上がってから営業を受けることはあると思います。

⑤全国にサロンがある

リンクスは全国にエステサロンがあります。なぜこれが重要なのかというと、例えば脱毛中に転勤・異動・転職などで環境が変わった時に対応できるため、意外と重要なポイントです。特に最初にパックで申し込んでしまったり、医療脱毛に多い定額料金を最初に支払ってしまうケースの場合かなりの出費になってしまいます。

また、「全国展開している」ということは、それだけエステの経営がうまくいっている(=評価されている脱毛サロン)と判断することができます。特に2017年にはエステサロンが全国にさらに9店舗また増えると聞きました。

⑥エステサロンでありながら医師が監修している

リンクスを評価した、また私がリンクスを選んだ最大の理由がこれです。

「エステ」というのは病院ではありません。だからこそ全国展開し易いということも言えますし、料金を安価に抑えることもできます。それが原因で労働環境が劣悪になったり、施術そのものに問題が起こったりすることもあります。実際に去年は女性用脱毛サロン「エタラビ」や「ミュゼ」で問題が起こりました。

こうした理由で、「エステで脱毛することは危険」と言われ、「エステ」という大枠でくくられるようになってしまいました。しかしここまで説明したように、エステであっても脱毛は可能ですし、クリニックでは実現できない安価なサービスを提供することも可能です。

またエステだサロンだと言っていますが、その前に一企業、会社です。「リンクス」というのは私たちが思っている以上にスケールが大きい会社であり、経営基盤も固まっています。

私はこのエステ故の魅力というのを残したまま、一定の安全性を維持したメンズ脱毛エステサロンはないか探しました。それがリンクスであり、実際に通って魅力を感じることができました。リンクスではあのライザップの医療顧問をしているドクターが、施術と脱毛機器について監修し、その安全性・効果について保証しています。

エステサロンの脱毛を否定する意味がよく分からない

ネットではエステサロンで脱毛することについて様々なことが言われています。

・エステサロンでは脱毛できない
・エステサロンによる脱毛は危険
・エステサロンの脱毛は家庭用脱毛器と変わらない

そんなことを聞いたことがあり、リンクスについても不安に感じている方が多いと思います。しかし、冒頭でも解説していますが、「エステサロン」はそもそも病院ではありませんし、むしろ病院では考えられないサービスが用意されているため、比較の対象ではないと感じています。否定されている方は自分のリサーチ不足を露呈しているだけだと思われます。

もし本当にエステサロンによる脱毛が危険で、サービスに相反することをしているならとっくに「脱毛エステサロン」というものが無くなっているはずです。実際に私も脱毛を完了しており、またリンクスのスタッフは脱毛済なのですから、否定のしようがありません。

ただ、言われていること全てが間違いではないのも現実です。というのも、「脱毛エステサロン」というのは病院が運営する「医療脱毛クリニック」以外のものを指すため、必然的にその絶対量が多くなります。従って、至極全うに健全な運営をしている脱毛エステサロンも、一部の劣悪な脱毛エステサロンのせいで風評被害を受けている面もあるということです。

ですので、自分が脱毛エステサロンを選んだときもその選定には非常に神経を使いました。まず聞いたこともない脱毛エステサロンは選ばないようにしました。そして「全国展開」していることを必須の条件としました。全国展開するということは、それだけお金がないとできないことですし、企業体質が健全であることの証です。加えて、何か問題があれば確実に保証してもらえると思ったからです。

これが個人運営のエステサロンであったり、聞いたことがないエステサロンだと、問題があってももみ消されたり、倒産してお金が帰ってこない恐れがあると思いました。実際に女性脱毛エステサロンでは2016年にそうしたことが起こりました。

ですから「エステが危険」ということ全ては否定できません。しかし、リンクスのようなクリニックと同等、むしろそれ以上の安全性があるエステも存在します。かつエステとしてのメリット(安価・全国展開)もあり、私はリンクスを選び脱毛しました。

RINX